Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

おすそわけ❤

昨日焼いたチーズケーキ。
最愛の親友へ、ちょっと風邪気味長引いてるのでお見舞い代わりにおすそ分けしました。

『リセッシュの会』のネーミングも彼女の存在からつけたもの 笑)

仕事上もプライベートも、色んなことを時にはぶつかり合いながら、過去には傷つけ合ったことも…愚痴り合いも、励まし合いも、痛み合いも、今やあらゆることを分かち合える、最良の親友です 照)

彼女のご主人は料理人↗
そんな一家に毎度好評いただいている私のスイーツ 照)
大絶賛をいただいたチーズケーキでございました 喜)
今度、魚くれるって 喜)

で、今日の仕事先の仲間にも、小さくカットしておすそ分け 笑)調子のってます 恥)
そこらで食べる売り物より美味しいんだけど?って 喜)

益々調子のりますから 照)


本当においしそうに食べてくれる人の顔、いいですね↗
幸せな心地になります。
ぁあ、その顔が見たいから、私また頑張れる…そんな心地。

で、ですよ↗
本日、山桜の食用果実を入手いたしました 喜)
これまたキルシュとお砂糖で煮詰めて、保存します。
スイーツ用のフルーツとして↗↗
これも一種のスローライフってヤツじゃないですか 照)エコですねぇ 笑)


幸せは、受けるだけじゃ実らない。
与えてこそ育ちゆくもの。
自然の摂理がそう示してるんでしょうね…




眠い…
スポンサーサイト
Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

おかえり♪

今頃、二男と三男は学校を背に帰宅している頃だと…そのはずだと…思います☈

今時珍しいとよく言われる、クソガキッズな兄弟ですから 汗)
真っ直ぐ帰宅せず、寄り道・遊びながら…よくあることです 泣)
でもいいんだ↗
クソガキ時代はちゃんと謳歌しないとね↗↗ 汗)
母ちゃんがペコペコ…何ぼでも謝罪しちゃぁけんね 笑)


昨日焼いたチーズケーキ♪
実は、長男と二人で味見という口実の先食いをしてしまい…
焼き型通りではなくなってしまい…

ヤバい 焦)
三男、絶対マシンガンに変貌します↘汗)

ってなことで、本日が二度目のチーズケーキを今朝、またワンホール焼いたのです。
オーブンの中で焼かれてる間に、小学校へ提出しなければならない原稿を書き上げ、焼きあがったケーキの荒熱とってる間に水回りの掃除をして、荒熱とれたケーキを冷蔵庫へ移したら、久し振りの日用品・買い出しへ行ってまいりました。

平凡でしょ 笑)

子供らが帰ってきたら、彼らとの宿題バトルが始まるのです。
今はささやかで静か、嵐の前のなんとかってやつですね 笑)

Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

Love Color

Love縲€color_convert_20110530085125[1]

おはようございます<(_ _)>

って、もう9時じゃん 汗)
本日快晴。そして、今日までお仕事はお休みです。
今朝は三男、ノンビリな亀歩き…週明けからこんなペースでいいんかい?
母ちゃんはテンション上げていきたいよ↗↗


さておき。
サバンナで動物たちが夕陽を見つめるシーン、写真集やドキュメント番組なんかで目にされた方も多いと思います。
あれ、どうしてだろう?って思ったことないですか?
あと、朝日。
目覚めてすぐにカーテンを開け、朝日を受ける。部屋へ朝日を取り入れる。
この行為も大事なことらしいです。
雨に愁いを感じたり、長々と降り続く雨にウツウツとした気分になってしまうのも、日照不足からくる生理的反応なのだとか。
生物は日光によっても生かされている存在ですものね。
そう考えると、物理的にも納得できます。

いや、だから、夕陽の話です。
この画像、私は撮る時に「藍色だぁ」と思いました。
撮ったこの画像を見て、「愛色ってこんなかも」と感じました。
この夕陽を見た日、シミジミと切なくなるくらい、生かされてある時間にナミダが滲みました。

何にもない平凡な毎日。
それも一つの幸せ。

やり場のない想いを抱えて、明日への希望も見えなくなる…
それだって、自分を覚醒させるチャンスの手前なんじゃないかな?

ま、難しいことは考えない。
感じるままに。時に自分の感性を信頼する瞬間、あってもいいジャマイカ。


今朝も快晴とはいえ、若干寒いですね 泣)
それでも明日から6月。
もうすぐ夏です。
この島は夏が訪れると、活性化します 笑)
私の住んでいるおひざ元には、この島が誇る浜辺があります。
この浜の恩恵に授かって、おもてなしの仕事を喜びとする仲間がいてくれます。

四方山カテを作ったのは、そんなお話を綴っていきたくて… 照)
よろしかったら、今後もお付き合いくださいね☆彡

Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

リセッシュ

もうすぐ日付、変わっちゃいますね。

本気で今日はマッタリしてしまいました。
久し振りに無計画に過ごして、無計画ゆえの実行をして、睡眠も充分にとったはずなのに…

夜が更けてくると眠たくなる…

健康な証なのでしょうね↗↗


こんな私でも、三男出産後の六年前は勃発した不安神経症とバトルの日々でした。

今では"リセッシュ・女子会"と勝手にネーミングした飲み会さえ出来ちゃうほど、親愛なる友人たちに恵まれ、感謝のうちに幸せを感じています。


因みに、"リセッシュ・兄弟の会"←これまた勝手にネーミングの、その名の通り、兄妹並みに仲良く支え合う男子との会も、たまにあります。


とかく不幸を数えがちな日常。
止めてみて。
自分の心に恥じない自分であれるなら、誇りをもってその人生を堪能していいじゃないですか。
尊いものを手にする前の苦しみなのかもしれない。
だから、明日を愁いの中で待たないで。

立ち止まって掘り起こす記憶が、暖かなものでありますようにと、ささやかな願いを捧げる34歳にもなるおバカちゃんだっているのですから。


さっ!!
明日も私は笑いますよ↗↗

Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

イヤイヤ…だから今日(^_^;)

心調律に過ごす今日(T_T)


人生初をこの三年間、この5月29日に行っています。
最初の年、2009年のこの日に記念してラムレーズンを新規で漬けこみました。

去年はそのラムレーズンで、シンプルにパウンドケーキを焼いてプレゼント。
三年目の今日は、更に熟成したラムレーズンをベイクドチーズケーキに加えました。

あの人の口へ運ぶことは到底敵いませんが…苦)


使用した分、更にレーズンとラム酒を加えて来年要に控えます。
追加・追加で漬けこまれていくラムレーズン。

おセンチなレディー…そんな私もいる訳です 照)



turningpoint そんな言葉が使われるようになったのも、丁度あの頃だった気がします。

そしてきっと、フタリの接点はそのturningpointだと思うのです。
振り返れば、あの人も私も、あの頃から変革を続けているのですから。


最終的にあの人が70歳になる年、私は66歳。
交わした約束が実現すると信じている私ですが、その頃にお互いがどんな人生にいるか…それこそが今を生き抜く糧でもあり、その頃に互いの、今は解けずにもがいている事の答え合わせみたいなものが出来ると思うんですね 恥)


願うこと
あの人が私に与え続けてくれたものが暖かな灯であるように、私があの人へ与えているだろう影響も、あの人にとって暖かなもので在り続けますように……☆彡


はっ(/ロ゜)/汗)

今日はかなりおセンチナルシスト…恥)



Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

おまえうまそうだな

2011.5.29という今日。

今日の日付は私にとっての記念日。
今年の今日は、のんびりとマッタリと、心調律に過ごしています。

昨夜は子供たちと、県PTA推奨の映画を観てきました。
原作は絵本。
昨年二男が学校の図書室から借りてきて、読み聞かせながらガン泣きした作品。

映画の前に原作を知ってしまうと、中には原作から読み取った自分なりのポイントがモミクチャにされていたりするものもあり、映画は映画、原作は原作…別物と処理したい派の私としては、今回の映画にそれほどの興味はわかず…

それでもやはり今回も、二男立っての希望に三男の希望も加わり、長男までも「観たい」と…

君らがそんなに言うのなら、母も視てみようかな(^_^;)

といった経緯で行ってきた訳です(p_-)



案の定、原作シリーズ三本を総集して構成された感じのストーリー。
でも、作者の宮西さんが投げかけたかった作品本来の意図は、しっかりとスクリーンに織り込まれていたように思います。

深く考えようとすれば、それは究極“共存愛”にまで発展できる課題のようにも思います。


大人にはやっぱり原作シリーズをお勧めしたい私です。
親でなくとも、子供でなくとも、人から生まれた人であれば、胸に訴えられてくる何かしらに自分の中に潜んでいる“本物”が反応してくれると思いますよ。


Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

今日も雨

梅雨の走りかと思いきや…
梅雨入りしたっぽいですね

私には各方面、それぞれに仲間がいてくれます。
人づきあい、大切ですね。

下は小学生から、上は祖父母年代までの仲間たち。
十人十色に素敵な面がありますね。
対する相手の年齢に関係なく、トラブルがおこると毎回、学ばせてもらうなぁ…と、感謝です。
トラブルなんてなくても、平穏な時間でも、感謝です。
到底、一人では編み出せない日常です。

嫌なこと、哀しいこと・辛いこと・苦手なこと・苛立つこと…そんな不完全な人間ですもの。
不完全故に対人が必要で、対人がいてくれることで新たな見解・視野が広がり育つ自分…みたいな(笑)


仲間と過ごした後の時間、シミジミと幸福感に包まれます。
そのことそのものが幸せな証と感謝です。



昨日・今日と、高校生バイトスタッフもいてくれました。
大人に気遣いながら、それでも最善の選択をする。
そんな彼を私は尊敬します。

人生なんて曖昧で、自分が思っているようには、自身の心さえ指示には従ってくれず。
そんなもどかしさから破裂してしまいそうな感情をぶつけてしまう…
それも、大切にすべき人にこそ、ぶつけてしまう。


「赦すってことはね、一度や二度赦すことじゃないんよ。
信じるってこともね、一度や二度信じるってことじゃなくて、一つ二つの物事を信じるってことじゃなくて、その人の心の在り方そのものを信じ抜くってことなんよ。」

学生時代、滅茶苦茶お世話になった方に知らされたことです。
人生に困難が襲ってきても、決して恐れるなと。
貫くことに編み出される真実を希望といえることもあるんやないかな?と。

文学的でしょう?
だって、その方は、尊敬して止まない文学者でしたから。


でも、今の私が心の靄に呑まれた時には、文学じゃなくて法律を読みます 照)
荒くれた感情は、時に自分で自分を失う引き金を引いてしまいかねないから。
人によっては、経済学なんかもいいみたいですよね↗↗


Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

何故だか…なんだか…

キラキラしたもの

今現在、空は薄曇りですけど、今朝の登校時間には画像のように青空がキラキラと広がっていました。

この季節の煌めきと、田園地帯特有の泥や若葉が呼吸をしている香り、リセットされたような朝の空気感が織り成す世界は、なぜだか、なんだか、私を途方もなく懐かしい心地にしてくれます。

とても大切ななにかが、そこに息吹いているような…
不思議な感覚が私の中から湧き上がるようで、偉大なモノがそこにあるかのようで、優しく暖かな心地に包まれるような気持ちになります。

そんな感覚に酔いしれる時、心の中に浮かぶただ一人の存在。


と言った訳で、今朝は何だかおセンチです



思えば、彼と出会った頃は、挨拶が出来ただけで幸せな心地になれたものでした。
人は何かを望んで人に惹かれるものなのでしょうか?
そうであるとしても、ささやかな、出会ったということだけで喜びを感じてしまうような出逢いは、数多いものでもないと思うのです。

彼を想うと、不思議に涙がこぼれます。
気持ち悪いですね(笑)
自分でも説明のしようがない。

五月晴れのような人です。私にとって。
とても懐かしく、暖かな心地にしてくれる存在。

何もしてくれなくても、彼の存在そのものが希望のような気がするんです。

相当、気持ち悪いですね(笑)

Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

雨上がり☆彡

昨夜までの雨はどこへやら…本日快晴。風強し
ほんの少しだけ、歩行距離を短くして、子供たちの背中を見えなくなるまで見送ってみました。

四月から、可能な限り子供たちのすることに自分も挑み、日々の中に子供の力が半端ないことを感じたりしています。

大人だったら、きっともっとこの底なしの力を具現化できるんじゃないかな…
なんて思ってみたり、いつから大人は子供以下になり下がったんだろう…
なんてことを思ってみたり…

逃げる術を大して知らない子供の力は、確かに無限です。
共に過ごすことが可能になった今に、そう導いてくれた親愛なる人に、感謝はつきないですね



ダヤンは根なし草。
と言うのは、多種多様な仕事を受けおうヤツだから。
そんな訳で、月々の収入も安定はしていませんが…

それでも、三兄弟の親ですから。
時には子供に駆けつけなければという、急を要する事態も想定せずにはいられない訳で、そんな時に「仕事だから」と子供のSОSを見過ごしてしまうような愚かなことはしたくない訳で、正直子供と共にいる時間が一番、気が安らぎます。

こんな私が子供時代から目指している大人像…
目線を合わせることの出来る人。
この歳になると、そこに無数の条件がついてきますが、とりわけ、自分を見失わずに…は、忘れちゃいけないことのように思います。

Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

# rainy(゜.゜)

五月の月、第四週が始りましたね

結局、今朝も三兄弟と共に傘をさし、いつもの時間、いつもの道を歩いてきました。

あの角まで行ったら、足を留めて見送ろう…と思いながら。
と、その角目前に三男の傘が風にあおられ…手にしているのはただの「傘骨」

日々トラブルは付き物のようです



今日は久し振りにマッタリ過ごせそうな休日
何も思い考えることも止めて、いっそのこと眠って過ごそうか…とさえ思ってしまう。


雨音が優しい五月。
水を張られた田んぼには、生命力溢れる稲苗が風に吹かれながら雨を受け、水面には無数の雨粒模様。
田舎暮らしを幸せと実感してしまう景観。

晴れ渡る青空も、清々しくて目映くて好き。
けれど、この初夏の雨も命育む優しい雨で、雨音の旋律に心調を整えれば、きっと余分な迷いも薄らいでいく…なんて、ちょと綺麗事を並べてしまう朝なのでした(゜゜)~


ん?
綺麗でもない?
じゃ、ザレゴト
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

# ちょっと…(=_=)

週末、仕事忙しく…日曜の夕方だというのにお疲れモードに入ってしまったょ

この一週間も沢山ありましたね
イヤイヤ!それはきっと誰しも同じこと<(`^´)>
そこを楽しく切り替えて、賢くこなしていきたいジャマイカ


日曜出勤の場合、三兄弟は私の実家か親友のお宅へプチhomestayするのが常。
来週末には親友家族と映画を見に行く約束なので、この日曜は実家へ…
それが今朝になり、長男(小6)半べそになるくらい嫌がり、オヤオヤ…
焦りました


結局、長男だけは店を拠点に一日を自由に過ごす…という放置プレーにしてしまいましたが、彼的にはご満悦でした


子育てと言われることをしていて、日々感じること。
育て合い
それは私なんかが「母親」と呼ばれるに程遠いほど、未熟な故かもしれません。
子供と接していて、子供の変化や躓きを目の当たりにした時、私の中に湧き上がるのは自身の経験という記憶で、同調してしまっては大人らしからぬ助言をしてしまっているかもしれないデス


そんな私がよく言われること「年齢不詳」(p_-)

ぁあ~(>_<)
今日はチト疲れまちた(=_=)

これから夕飯つくります
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

我が家の…(-

私の最大の荷物…なんて言っちゃうと、今あるいろんなものを否定してしまうことにもなっちゃうけれど…
要するに、旦那っていう存在に日々感情を鍛えられているのです

感情むき出し、理性はないのかい?なんてね、かなり冷たい目で視てる自覚はありますとも

仮名タケシとしましょう。
このタケシ、俺様主義です。
立派です。何故に私、この人と結婚なんてしたの?

人間、何があっても自暴自棄になんてなることだけは、お勧めしませんよ、私は。


今更です

きっと、ピュアなんでしょ
今も意味不明に荒々しい物音をたてながら、扉全てにガラスがはめ込んである我が家の作りでは、もうじきガラスが割れるだろう…と思うくらいに荒々しく扉を開閉しながら、存在アピール強烈すぎに入ってきて、そりゃもう、冷蔵庫を開けるも閉めるも充分に分かりますよ
更にいうなら、ぁあ、お茶飲んだのね…と、細かく理解できます

素晴らしい聴力

すみません
自分褒め、私の特技です


あと、最近かなり性格が……
Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

はじめまして(p_-)

おはようございます
本日、曇り少々モヤッとした気分でもあり、ブログデビュに自分的に拍手

今朝も三兄弟と共に小学校への通学路を歩いてしまった
三男入学から早一月が過ぎ、この二ヶ月目……このまま行くと、母と登校が当たり前になってしまって、逆に子供の成長を妨げてしまうのじゃないか……なんて、私も親友もちょっぴり懸念してしまってはいるのに

とはいえ、突然「母ちゃん、もうやぁめた」なんてのも不自然だし……ある意味、途中放棄だし……とも、考えちゃって

今月いっぱいをもって、一緒に歩く距離を短めていくかなぁ



とにもかくにも、初夏満喫中の毎朝です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。