Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

すき って気持ち

歌ネタ続きですがw

♪好きな人には 好きって伝えるんだ~♪
    (千の夜を超えて―aqua times―)

今日は何だかんんだ、一日中頭の中で何かの歌が流れてました。

で。
現実問題にお休みおいて、ポワ~ンっと。
ボンヤリ考えたことです。
ふて寝しちゃう

「好き」って言葉。
過度に要求するモノのない間柄では、すごく、肯定的で、成長作用さえもたらすほどの、無敵の言葉になりますねぇ。

具体的に
「アナタのその笑顔、好きだなぁ」
とか
「アナタのそのさりげない優しさ、好きですよ」
とか…
私、同性異性、年齢関係なく言ってしまいますがw
その「好き」が、積もり積もって、なんかのポイントリレーなの?
って、私の好きポイント溜めてもねww
いや、じゃなくて。
その好きポイントが、多ければいいの?
なんて、独り突っ込み。
(ぁあ、今日はホント、こればっかやってたわw)

で。

そうこうしてたら、「言葉力」なんて、もう、また!
すぐ肥大して考えちゃうww
でも。
肯定的な言葉って、特に子育てとか、組織の中でも、有効に働きますなんて、よく言われますよね。
明らかに、「違うだろ!」って、お世辞か、許容的肯定かって、微妙だろうけど、なんとなく、感じ分けできたりしますよね。

言葉があるから、人は過分に期待したり、傷ついたりするんじゃないの?
もう、面倒な時は言葉なんか出ない仕組みにしちゃえばよかったんだよ…とか。
ぁあ!違う。
その面倒をクリアさせようと思って、あらゆる言葉を持たせたんだよ。
とか…

私、一体なんなんですかね(笑)

神様は、人間を創って、初めに言葉を与えたのだとか。

何千年も前から伝わってきたことなら、事実ではないにしろ、真実なのでしょうって、思います。
だから、なんかこう、日常だったりにゲッソリしちゃうと、ついつい、そんな方向に行っちゃって、自分流の答え探ししちゃいます。

言葉という媒体に踊らされて、肝心な部分を曇らせてないかって。
自分を疑ってみたり。
確認という意味で、無意識に引きずってる言葉の意図を洗い直してみたり。

おおむね。
大概。
まだまだ。
所詮、躓いてるのは自分なのだよ(p_-)

だから、朝からアンパンマン君臨したのだよ。

けどね。
時に。
「アンタのソコ、嫌いだ」って、言ってやりたい。
11.jpg
判りにくいんですけどね。
この写真撮った時も。
光の真ん中あたりに、虹の断片があったんですよ。

over the rainbow☆彡
虹を見つけるのは天才的です(照)
スポンサーサイト
Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

ありゃっww

「お母さん、時間大丈夫?具合悪いん?」

今朝。
長男の声で、夢うつつだった意識が稼働し始めました(汗)
時間を見れば6時…
「ウソやん?」
「ウソやないし」
「気のせい」
「違うと思う」
そんな会話で一日が始まり。

何故か。
今、頭の中でアンパンマンの歌が流れてます(笑)

♪いいことだけ いいことだけ 思い出せ~
アンパンマンはきみっさぁ~
勇気を出して~♪

いえいえ。
アンパンマンじゃないし。
と独り突っ込み。

♪何が君の幸せ? 何を見て喜ぶ?♪

に、切り替わって、その先の歌詞は出てこず。
また

♪いいことだけ いいことだけ…

って。
壊れたww
imagesCAC7BJLE.jpg


今日って、洋菓子の日で。
併せて、招き猫の日でもあるんですって。

あらぁ❤
洋菓子も猫も大好きダイスキだいすきぃ~

Posted by ダヤン   8 comments   0 trackback

さて。

どうにも収拾つかない気持ち、ガァーーーーー!!って。
正に。
殴り書きしました。

はい。
おしまい。

切替完了。

単純です。

ん?

余分なモノはスパッと降ろしていかないと。
身軽じゃいられなくなっちゃう。

ということで。
最近、暇さえあれば日頃触らないモノたちの整理をしてます。

でもね。
今日の二男・三男にはちょっと。

整理する以前の問題。
常日頃から、失くしモノが多い!!
で。
その都度声かけるし、見張ってるんです。

でもほら。
学校の中までは見張れないし。
まして、登下校の道中となれば、尚更。
誰もわかりゃしないでしょう??
仕事に出てた間のこととか……(言い訳ww)

今日、一時間もかけて帰ってきた兄弟の連絡帳見てみたら。

二人とも。
在るはずのものがないってww
持たせたはずのものが、学校に無いって(泣)

しばし。
お説教タイムに突入したのは言うまでもなく。

根気よく探させて。
一つは庭先で発見されました…


はぁ~~~~

でも。
3割くらいは、私の責任だよなとも思う。
私もスコーッン!って、忘れてる時、あるから…w

黄昏ちゃう
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

訣別

怒りマークでも使いたい気分ですけど。

簡潔に言うなら。
面倒くさい。
もういい加減にやめてくれよ。

何がしたいんです?

どこを見てるんです?

ぶっちゃけ。
気持ち悪いです。

もう。
勘弁して下さい。
何しにここへきてるんですか?

おかげさまで。
目眩がします。

あらゆる人を、あらゆる手段で踏みつけにするんですね。
いい加減にもう。
愛想がつきまして。
うんざりなんです。

価値観が違う。
先に仕掛けたほうが勝ち。
自分の上には人がいてはいけないと?

御冗談を。
私なんぞは本当に。
仲間を始め、その仲間の大切な人をも含め、関わり繋がっていてくれる、沢山の人のおかげで成り立っているようなもので。
誰の上にもおりませんが。
誰の下にもおりません。

今度はその人を突くのですか?

今そこで、一緒に相槌うって笑った方々。
今日のその事実を忘れずにいて下さいませ。

そうして、自己を護るために、彼女や彼女の大切とする人たちを頼らないでいて下さいませ。

そのくらいの覚悟を持ってするべきが「嘲笑う」という行為だと認識しますが。

正直。




今日はホントに、限界の糸が切れそうでした。
「赦せない」
吐き捨ててしまいそうでした。
私だって、一人前に怒ることくらいするのです。
残念ながら。
異世界の人たち…と、心の中で決別するに留めました。

私にも、大切な人たちはいますから。
愚かにも吐き出していい言葉と、そうでない言葉の分別くらい、それなりに持ち合わせております。

例え。
そこにどんな理由が存在しようとも。
今現在、持ちつ持たれつな位置にいるはずの人を嘲笑うような人を、私は許容しません。
お釈迦様でも、キリストでもない、人間ですから。

私はもう。
貴女が何を企もうとも、恐れることはない。
Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

またたき

複雑な気持ちは、曖昧な気持ちと同じこと?

アナタなら、この問いかけになんと応えてくれるでしょう?


舞踊を習い納めにしなければ、時間配分が難しい…
そう思っての最後の演目に、当時の私が選んだ曲。
『夜桜お七』
その歌の頭。
「いつまで待っても来ぬ人と
 死んだ人とは同じこと」

ぁあ、そうかもなぁ
って、感じます。
で。
そんな自分にイラつきます。

どれかと言われれば私は。
「鳴くまで待とう ほととぎす」派なので。

昨日。
女としての何かが欠落しているだろう私は、本当に嬉しかった。
あれから一年余り。
それで。
私の中にあるもの。
アナタが護りたいものを護り。
大切にしたいものを大切にする。
その中で、アナタが輝いていてくれる。

忘れたいことなど、一つもない。
むしろ。
忘れてしまっては、私ではいられなくなるでしょう。

抗うことと引き換えに。
もがくことを予想しつつ。
あらゆる負を覚悟に。
選んだのは私自身で。
喪失してしまうほどの痛みも。
それがその一部の証なら、丸ごと全て受け入れる。

そうやって、時々揺らぎそうになりながら。
それでも。
今日まで来た。

光の射す方へ。
その光が視えない時でも、その光が在るだろう先はきっと、解かるはず。

それが私という個体の特質のように思います。

Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

徒然……

「…」←好き(笑)

ひたすら、眠りました。
昨日の記憶は、ありますよ。

まる一日、ロクにご飯食べてないって記憶w

一日の内に、沢山ありすぎて、何に付いて書き残そうかって、躊躇します。

いいことも。
いやなことも。
どうでもいいことも。

ただ。
今なんちゃって副会長をさせてもらってるこの小学校を、一年前、二年前、三年、四年、五年前に、卒業して行った子どもたちが、今はもう中学生、高校生に育ってるにも関わらず。
とってもフレンドリーに、じゃれてきたり、体当たってきたり、バカ言いあったり…
変わらずに、声をかけてくれるっとことが、その成長を見せつけてくれるってことが、どうしようもなく、幸せと感じます。

母校を母校と慕い、参加したり、参観したりに来てくれる。
もう、親元を離れ、友人同士で訪れるその子たちが、対等に目に入れ、声をかけ、関わろうとしてくれる。

中には、運動会終了後を待って、「遊び来ていい?」って言ってくれた子たちもいました。

自由参加種目でも、「一緒に出ていい?」って。

「来年には、長男も中学たいね!俺らが待っちょっけんね」
って、言ってくれた子もいました。

「随分背が伸びたよねぇ」
「もうアンタよりでかいし(笑)」
なんて、やりとりはほぼみんなと。

追い越せ↗追い越せ↗
私なんかより、うんとデッカイ人間になってしまえ!!
そん代わり、ずっとずっと、そうやってその成長を見せつけて欲しいよって、願います。

君らが好きなまんま長く、好きなまんまでいられる小学校で在り続けられるよう、私なりに頑張るからね。

長男坊たちの『表現』種目の時、彼らがとても偉大に見えて、そこに彼らの可能性を視た気がして、勝手に涙があふれました。
ふりかえると、Uチャンって、心友の二女、二年前の卒業生が後ろにいてくれてて。
「感動やねぇ」
って、涙溢れる私を抱きしめてくれました。

「Uチャン達の卒業式みたい(笑)」
「あん時、あんた誰よりも泣きよったもんね(笑)」


子どもたちの成長を目の当たりに感じた時、なんとも形容し難い気持ちがこみ上げてきます。
とても、キラキラしていて。
目を閉じるのが勿体なくて、心に刻み込みたくなる、人生の中のほんの瞬間的な間。

そうして、思いました。

忘却線は、脳内にしかなくて。
即ち、忘却線の機能は、心には作用しない。
と、すれば。
ある一定期間の記憶を、時の経過の中で喪失するということは、忘却線の作用ではなく。
脳作用ではなく、心身作用。

貴重な瞬間は、脳内ではなく。
心に刻むべきもの。
ならば。
その瞬間を記憶するためには、自身の中に、それに相応しいだけの想いが必要。

ぁあ。
だから。
強く想ったと思っていても、忘れるくらいの記憶なら、後に必要なことではないのでしょう。
大したことじゃないと思っていても、幾度となく思い出すことは、現在にか、後にか、必要なことなのでしょう。

また一つ。
『子ども』というラベルで扱われる君たち特有の輝きに、教えてもらいました。

ありがとう。
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

忘却線なるもの

一つ。
また、ひとつと。
季節を変えながら、同じ事を、違う色で織り成していく。

とうとう。
長男坊の小学校生活、最後の運動会。

気づいたこと。
去年の運動会の記憶が無い。

ただ、真っ赤なTシャツと、黒のハーフパンツと、白のシューズ…
それしか、映像が出てこない。
後は、閉会式真っ只中で、緊張の糸が切れた長男坊が失神するように倒れこみ、駆け寄ったことくらい。

ついでに。
その頃から、安易に人を信じなくなった。
心の中で取捨選択するようになった。

いつも「去年はどうだったっけ?」って、記憶を辿って整理するから。
どうりで今年は…

思い当たってしまえば、簡単。
二学期の一大行事でこれだもん。
きっと。
これ以降も同じようなものだろう。
ならば。
二年前の記憶にすがるしかない。

去年の私はなんだったんだろう。


時が巡る。
季節が巡る。
それでも、色褪せないものがある。
自分の中に。
映像だったり、匂いだったり、音声だったり…。
F1000080.jpg

それでも、人は忘れる生きものなんだそう。
忘却線っていうのが脳内にあるらしくて。
忘れる仕組みをしてるんだって。

たしかに。
こんな映像は思い出す範囲、私の記憶にはない。
けれど、2代前の携帯で撮った夕空で、その事実は確かにこのPCの中に取り込まれてる。

忘却線がフル稼働して、私の忘れたいことを消し去ってくれるとしても。
私の心に刷り込まれた事実は、何かしらの欠片を拾う度に、漏らすことなく思い出させる気がするのです。

簡単に選んだことじゃないから。

hitomi

Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

容量

ちょっとばかし。
バランスが乱れてる感じなのかもですけど。

容量がオーバー気味かな??
とも、思う訳で。

解かりきっているはずの明日のことがww
まとまらない(泣)

こんな時は、一つひとつ整理しつつ支度するしかないのだけれど。
なにせ、体がだるくて。
気になって血圧計ってみたら、やっぱり下がってて。

木曜の友人のバースデーには既に。
ダル眠いになっていて。
なんでこのタイミングでそうなるの???
と。
もどかしさと、自分への苛立ちが溢れそう…
とはいえ、苛立ったら苛立った分、さらに眠気が膨張する訳で。

一旦。
先の子とは考えない方向にしようよって、自分に言い聞かせ中(笑)

でもでも、明日の運動会を乗り切ったら、翌日には二男の転院準備を始める訳で。

やっぱり、何だか…

気が競ってしまいます……

落ち付け。
落ち付け。
落ち付け。

私。
Posted by ダヤン   6 comments   0 trackback

むぅぅぅぅぅ……

今朝。20110922082715.jpg
綺麗なグラデーションだなぁ…と。

朝っぱらから、子どもたちを送り出して。
なんだかスイッチ入らない。
そんなモヤモヤをただ、ダラダラ書き込みに参りまして。

こんなに気持ちいい天気なのに。
なんだかダメな私になってます。

そうそう。
今夜は旧友のお誕生会を行います(笑)

けど。
なんか、引きこもっていたい気分だったりもしてて。
ろくでもないな。

昨日、考え事しながらキャベツを千切りにしてまして。
キャベツ千切り歴30年の私が!!
抑える手の人差し指、プチ、そいじゃったww

で。

長男の友人に「修業がたらん!!」という、突っ込みをもらい。
「精進します!!」と、笑った夕方でした。

靄がモヤモヤ…
こんなんでどうなんの??
気合が足らんのよ。
バシッとせんかい!

全くもう。
気合が足らん!修行が足らん!!
呑んでも呑まれるな!!!
意味が解からないww

だって。
今朝がたもまた、夢に。
何気にリアルに。
いつものバージョンで。


気のせい。
気のせい。
世の中、きっと7割くらいは、気のせいで構成されてる。
問題ない。

問題なのは、時間。
ウカウカしてたら、後が遅れちゃう。
シッカリせんかいっ!!
私。

べぇ~~
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

通過後

20110921171128.jpg
台風15号。
日本列島横断。

こちらは午後になると、お天気回復してきました。

すっかり気持ちよさを取り戻した夕方。
庭先に出てみると、太陽がキラキラしてて。

もろに見上げてしまって、目はシバシバ(笑)
一瞬。
水中から空を見てるのかと。

三男に思いっきり。
「お母さん…バカじゃない?」
突き放されましたとさw
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

靄と軌道

これは、多分、糸口になるね。
とは、思う。
いつもの感覚だけど。

イメージの中で、二つの靄。
一つの靄は知ってる。
以前から感じてた靄だから。

けれど。
今度加わった靄は、何かが違う。

意図が掴めない。

支配欲っていうヤツだろうか。

解からない。
けれど。
ものすごく、ざわざわする。

二つの靄が、一つの振りをしながら、異質のものを流し込んでる。

見極めはもう、複雑化してしまってる。
気づいていたのに、甘んじてた。
どこかで心配しながら、大丈夫だと、甘んじてた。

どうしようと考えあぐねる。

我成すことぞ 我のみぞ知る
自分を信じて選べばいい?
タイミングを計って。
慎重に。
その時はくるはず。

私の感覚が、鈍っていなければ。
そして、それが、必要なことであるならば。

屈折したものを批判する気はないの。
ただ。
屈折したモノが蔓延るには、ここは清らかで。

けれど。
それにしても。
もう。
浸食し始めている。

太刀打ちできるのか、不安にもなる。

なんか、ちょっとね。
何が本当で、何が虚言なのか。

ぁあ。
今だね。
心の目。
役に立つかな…
私の目。

Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

模様替え

この部屋を単独で使うようになって2年。

3度目の模様替え完了。

机大好き人間なので。
机の固定は否めない。
おばあちゃんの嫁入り道具だった古いタンスは、本棚にリメイクして、今もお気に入りの私の机スペースでレトロ感を演出中。

「眠るぞ!」って限界まで、机に座っちゃってるから、今回の模様替えでベッドと机の中間物を省いてみました(笑)

快適(*^^)

そんなことはどうでもよかったり。
案外、気分転換に一役かってたり。

気づけば。
月一でカットに行かなきゃモヤモヤ気分になってた私が…

4か月。
伸ばしたまま。

前髪上げてなきゃ、もうすぐ鼻の下w

なのに気にならない。

なんで??釘づけ


台風の影響で、風が静まり出した今も。
かなり涼やかです。
雲の切れ間から陽が射して。
あちこちにスポットライトおとしたみたい。

ウッカリばかりの私で。

またワンサイズ大きくなった長男の靴・シューズは買い直したのに。
体育館用のシューズはそのままにしちゃってて。
昨日そのこと担任の先生に知らされてwww

今日、慌てて買いに行ってきました。
「小学生なのに25??」
「最近の子はおおきいねぇ」
「お母さん、間違えてない???」

正直。
ムッっとしましたけど。
こらぁ~

これだって、割とどうでもいいこと。

もうじきギャングな二人が帰ってきます。
って。
マトモに帰宅するなら…ですが。
運動会前の大事な練習期間にお休みしてしまったからか、週明けの昨夜から、少々長男は気分が凸凹してます。

久し振りにメロンパンでも作ってみるかな♪

Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

雨の日

お元気ですか?

って。
先日、声を聴き、後ろ姿を見たのだけれど。

また一つ、思い出となった日付を一周しました。
巳年生まれの私は、執念深いというより、記憶だけがよくて。
例えば、アナタが忘れてしまったよと、素知らぬ振りを見せたとしても。

重なった時を消すことは出来ない性分なのです。

今朝がた、また妙にリアルに、アナタの夢をみました。

いま。
私が考えあぐねている問題。
そんな問題が舞台になっていて、そこには私の尊敬する人たちの顔ぶれがそろっていて。
口々にアドバイスをくれるのだけれど。

アナタだけは。
「一緒にいるから、心配ない。
 自分のことも信じてやれよ。
 大丈夫。」
そうだけ言って。

目下の支度をはじめました。

彼岸花2
夏から秋へ移行する。
私が大切なモノを失う季節。
大嫌いなその移行を切り替える、彼岸花がチラホラと。
農道の傍らに開き始めました。

秋を、迎えられます。

子どもたちを見送って、帰宅して。
家事を済ませていたら。
子育ての(孫育ての?)目標にしてる方からの着信。

要件の後、他愛ない会話をして。
胸がいっぱいになりました。



今日の雨風。

どこか、あの初夏の日に、似ているような気がします。
激しく優しい。
奇跡のような。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

たいふ~(@_@;)

今朝。
台風はまだ奄美付近にいるというのに…
強風で始まった週明け。
荷物の多さ。
足元の悪さ。

いつもと変わらずの子どもたち。

「ちょっと寒いから、ジャケット着て行って」

三人とも素直に袖を通すから。
「荷物だけ先に運んであげる。傘は持っててね。」

いつもなら、この辺で二男・三男
「歩きたくない…」
を、醸し出し始めるのに。
今朝はそんな素振りもなく。

四人で外へ出てみると、横殴りの小雨。

ポツリ
「ありゃ…降り出したね」
『うん。』
三人とも傘を広げようとする。

「半分だけ送るよ」
『ありがとう!』


imagesCA163NCM.jpg

二学期に入って、次のステップ…そんな風に考えて、一緒に登校することをやめました。
で。
今朝は久し振りに途中まで送り、その後私は一足先に小学校下の駐車場へ。
横殴りの小雨。
強風。
先日までとは比べようのない、季節違うよwって感じの気温。
そんな日も、交通指導員さんと、駐在さんは児童たちの登校を見守ってくれてました。

久し振りの朝。
久し振りの子どもたちの朝の顔。
さすがに、車で送ってもらう子が大半でしたが。

「おはよう!!」
「おはよ~」
「おはようございます(ペコリ)」

そうこうしてたら、ウチの三兄弟も到着。
それぞれに荷物を渡すと、長男。
「ありがとう」
二男「行ってきます」
三男「(にやにや…)」w

ええっと…
順調に育ってます(?)

無題
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

感謝状

「お母さん!さっき、お散歩行った時に黒猫に会ったんよ♪」

黒猫はいつしか「お母さんの守り神」になっていて、ウチの子たちは黒猫と遭遇すると絶対的に嬉しそうに報告してくれます。

で。
勝手に「お母さんはコレが一番好きやろ??」と、魔女の宅急便のDVDを見せ始めたりします(笑)

連れだって買い物に行けば「お母さん、黒猫はないねぇ…」とか。

君らは私に洗脳されているのか?!?!?
ぎょぎょw


で。
今日、敬老の日。
ひぃじいちゃんに会いに行くから、感謝状を作ってみよう↗
と。
夏休みに残った画用紙を差し出しました。
横槍いれちゃいけない…と思ったから、ちょっと、その間に家事をすませたりとかして。

戻ってみると三人。
じいちゃんの顔を大きく描いて…(じぃちゃん…髪の毛生えてるよwよかったなぁ…こいつらにはじぃちゃんハゲには見えてないんやぁ↗)…空いたスペースにそれぞれの想いのイラストを入れてました。
長男が「いつもありがとう」と文字を入れてて…そう。

その他のイラスト…
「猫」
確かに、じぃちゃんとこには茶トラのニャんが一匹いますが…
それとはどうも違うっぽい。

「この猫は?」
「おじいちゃんの守り神かも!!」
と二男。
(かも…かもってなんだよww)
「どうして猫?」
「お母さん、好きやろ?でも、黒猫はお母さんのやけんねぇ」
「そっか。ありがとう」


洗脳されてるのか????
ん?

と、いうことで。

なんだか、本当。
親って立場の影響力に今更ながら、恐れ嘶いた私。

でも。
どうして私は黒猫、選んじゃうんだろww

以前、私を「魔女!」と言った人もいた。
そうか。
魔女なのか…って、その意味は解からない…。
近頃、「面白い」とにこやかに言われてばかりの私で。
魔女で面白いって、で。黒猫が守り神でって。
一体どんなんだよ(焦)

因みに。
兄弟が選んだじぃちゃんの守り猫は、白猫でした。
色塗るのが面倒なのか?
と思っていたら、長男。
「前にお母さんが、白は幸せの色って言いよったけんよ」と。

そうか。
じぃちゃんの幸せ、望んでくれてるんだね。

ありがとうね☆彡
Posted by ダヤン   6 comments   0 trackback

じぃちゃん

台風。
進路を変えちゃったんですねw

今日は久し振りの雨天。
でも。
私はこれを優しい雨だとは感じてない。

こういうんじゃ、ないんだ。


imagesCA2C654B.jpg

明日は、敬老の日ですね。
長男のなんだかよく判らないままの耳下腺も通常になり、しつこかった微熱も治まって、宿題もなく、部活もなくの連休をちょっと退屈気に過ごしてます。

明日の敬老の日は、私も婦人会員なので、市が行う敬老会式典の受付に行かなければならず、また子どもたちを放置してしまうことになるのだけれど。

せっかくだから、私のじぃちゃん。
この子たちのひぃじぃちゃんとこへ、放置して行こうかな(イヒヒ)


頭の中、長男の小学最後の運動会でイッパイです(笑)
じぃちゃん、多分見たいだろうなって。
先日の従弟の披露宴も、本当にはじぃちゃんだって行きたかったはず。
けど。
20数年前に脳梗塞を患って以来、半身不随の状態のじぃちゃん。
更には歳を重ね、耳の聴こえも鈍くなり、あらゆる面で不自由してます。
本当にはじぃちゃんが不自由してんのに。
じぃちゃんは、その不自由が人を不自由にすると背負ってる。

バカだ。
たまには甘えたっていいのに。
座イスに座ったまま、大音量のテレビの横にいて、ただ私や子どもらの話を聴こえるとこだけで聴いている。

昔は酒乱で。
いつでもどこでも罵声を浴びせるのがじぃちゃんだったのに。
それでも、アルコールが抜けてるときは、竹細工でいろんな玩具作ってくれた。
植物との付き合い方を教えてくれたのも、じぃちゃんだった。

母は、今も。
酒乱で罵声ばかりのじぃちゃんしか思い出さない。
彼女なりに辛かったのだろうね。

じぃちゃんも。
自分のその部分が即ち、半身不随の引き金になったもんだから。
自分で自分を蔑ろにする。

やめてよ。
じぃちゃんがそうだったのにも。
じぃちゃんなりの戦いがあったからでしょう?

敬老の日の祝典。
ねぇ。
長く生きる事、それを幸に替えられるの…って、考えてたらね。
なんか、じぃちゃんは、寂しいぞw
笑わせにいかないと…

Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

アゲハ蝶

目覚めには
春先のような柔らかさを感じ
日中には
真夏のような眩しさを感じ
夕の頃には
秋らしい どこか寂しげな 涼やかさを感じます


その一日の体感が
まるで年の流れのようで

私の中では
もう
四季がグルグルと廻っていて

どこもかしこもアナタとの記憶で溢れだして


悔しくも
冬のアナタを探してます


アゲハ蝶を聴いてしまって……

あの歌はもう聴かない
胸が苦しくなるから
その歌は歌わないで
張り裂けそうに焦れるから

そう思ったことを忘れていたから
不意打ち

忘れていて
うっかり聴いてしまったのに

切り刻まれるように
焦れる私がおりました

まだまだです


アナタにお借りした背中のようには
私の背中は育っておらず

まだまだです

けれど
先に行って
待っていて下さい

精進しますから
きっと
必ず

X6.jpg
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

コロコロココロ

心の目で視る

そう言ってくれた人がいました。
その頃の私は、多分。
その言葉しか、理解してなかったかもです。

毎回、その人の送ってくれる言葉は、時差をもって私に浸透してくるから。

って。
私がドンクサイ故なのでしょうが(泣)

最近。
やっと。
実践に使えるようになってきた気がしてます。


私がしたいのは、称賛を得るためじゃなかったはず。
そうそう。
大体が毎回、人の価値観に奮起して、知らず知らず呑まれそうになってる…w
そこんところが、自分的に弱い!!って。
現役中学生kチャンのいう「ヌルイ!!」ってとこだから(汗)


全くです。
で。
最近思うこと。
人の言葉って、ツールに過ぎないこともある。
社交辞令だとかっていうけれど、そんなもんじゃなく。
意図的にしむけるという使い方をなさる方もいるということ。

表現法とかっていうレベルじゃない。
発信作用を見越しての、計算した上での、攻撃的発信。

ぁあ、ね。

「誰って、まともに信用できんっちゃん」
先日とある方がぼやいた言葉。
ぁあ。
うん。
かもね。

でも。
だとすれば。
私はある程度、自分を守れてるんじゃないかと。
だって。
誰にでもは、心内は明かさない。
解って欲しいと望みもしない。
自分だって、そんな風な受け止め方を誰にでもはできないし。

ただ自然に。
理解し合える人と巡り会えたら。
と思うことはありましたw

心の目で視る

それが出来るとすれば。
それは多分、距離を置いた状態から始めるべき事のようにも思いましたとさ。

コロコロココロ。
マイペースです。
できること、探して、やってみる。

tehettu.jpg




長男、今日はヘタレ気味(笑)

Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

ひらひら……

久し振りに
アナタの声を聴きました

帰り道
グラデーションの効いた夕空
そこに虹の断片を見つけました

20110916182925.jpg

どうして
涙が零れてきたのでしょう?
どうして
アナタを美しい人だと思うのでしょう?


こんなふうに
離れていても
覚悟の後に諦めたように
どうせこの先も愛していくのでしょう

いろんな角度からのアナタを見てきた
後の祭り

祭りの後の満月は至福の光でした
凍てつくような寒さの中でも
凍っていた心が穏やかに溶けたほどに
あの時
「忘れるな」
そう アナタの声が聴こえたのだけれど……


反対側の空
20110916182710.jpg
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

謎。

困窮してしまうようなことが…といっても、私的にというレベルの困窮ですが…そんなことがあって、どうしようもない…方向性を変えようか…と、考える時に、拠り所にしてしまっている存在へポツリとメールだけでこぼします。

意図的ではなく、ただ、拠り所的な存在になってしまっていて。

弱音とかいう意味じゃないつもりで。

なにかしら、助けて欲しいと望んでいるのとも違っていて。

その人に、文字という媒体で届ける時、何と説明できないものが自分の中に生まれます。

妙な話。



でも。
その妙な話には続きがあって。

近頃気づいたのだけれど。
曖昧になら、もう年単位で、以前に感じていたのだけれど。

方向性を変えて、腹をくくる。
その人へ、ポツリとメールする。

覚悟めいた気持になる。

なのに。

いつしか状況は好転へと帆を張りかえる。


こんなことが何度も続けば。

いくらマッシグラの私でも、謎に感じます。


くわえて、妄想家でもある私。
まさか、その人が私の状況という帆を張りかえているのか…と…。


朝夕の空色のように。
単語ごときではとうてい、形容しつくせない色があるように。
現実にも。
決して解明することの敵わないものが存在するように感じます。


謎は、謎のまま。
その方が、魅力的ですね。

Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

今日。

20110914183024.jpg
今日の、夕空。

午前。
子どもたちが登校して、家事を一通り終えようかとした頃、一件の着信。
長男が、確かに2・3日前から、耳下腺辺りにコロッと何かあるっぽい…とは言ってたんですが、痛くないなら大丈夫って。

どうにも、それが今日は時間が経つにつれ、痛むと。
そこで、俗に言う「おたふくかぜ」が疑われ。
すぐに近くの病院へ受診に連れていきました。

自分がリンパをちょくちょく腫らすので、こやつもそうだろう…くらいに思っていたら。

「耳下腺炎ですね。腫れがひくまでは学校行かないでね。塗り薬出しますね」

って。
耳下腺炎で塗り薬???
抗生剤とか、飲まないの??
何気に、母ちゃんより杜撰じゃないですかい?長男??

発熱もなく。
無理矢理私、触ってみましたけど。
耳下腺は耳下腺でも、五十円玉くらいの大きさの、コリコリッとしたものが、二つほど、確認できますが???

長男w
ごめんね。それ、多分、人に移るようなんじゃないと思うよ。
けど、お医者さんの診断が…
運動会、紅組団長に闘志を捧げている長男。
さてはて、16日金曜日の総練習には出席できるのか???

「今日以降の練習内容、相棒に指示しとくから、学校に帰って。」
長男…君はいつの間にそんなに逞しくなったんだろうね。
ピンボケなのに、ちゃんと先を視てる。

男の子だなぁ…と。
いや(焦)
登校しちゃだめなんだから、えっと…
とりあえず、学校戻るけれど、あれだよw
先生に伝言って形で、伝えてもらうんだよw

接触しちゃダメだからの、お休みなんだからね(^_^;)

Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

ただの…

20110906081016.jpg
天然の空色です(笑)


不純物ゼロの。
ただの空。

お好きなものを、思い描いてくださいませ。
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

振り返る  夏‘11

二男が手術入院しなければいけない体だと、予想しつつ…
自分にハッパかけつつ…

要するに、そんな夏でした。

20110913155854.jpg
『心友と二男坊』
逆光で撮ってみた。。。


で、そう。
結局、手術受けることに決めたんですが。
そのために、招かれた仕事を受けました。契約で。

でも。
そんな説明さえ、私は問われないとしない。
これって、ダメなことなんですかね。
慣れない。
友達だったら「話してくれればよかったのに…」なんて、思うのかもしれない。
けれど、ダメなんですね。
「こうすることにしたよ」とは言えても、その決定的理由は問われないと、話さない。
人によっては、問われても、核心を外して応えてしまう。


自閉的なんですかね。

で。
今請け負っている特殊なお仕事。
嫌いじゃないです。むしろ、いい勉強になってます。
やってることは、これまでの仕事の総括めいたことで、時間的自由が利かないってとこだけが難点で、それでも都合は配慮してもらってますから。
大きな不満はないです。

会社は実家の近くで、もともとが地元だったから、土地勘も大いに役立ってます。

けど。
そんな場合じゃなく。

こないだの従弟の披露宴で、親族席に付いてくれた男の子が、親族席に付くだけあって、本当、ちゃんとしてました。
あの世界に帰りたい。


今は、哀しみの仕事です。
以前は、お喜びのお仕事でした。
おもてなしに変わりはありません。

不意に思います。
とうとう、冠婚葬祭マスターしちゃうか???って。

二男坊の手術前に、契約は終わります。
そこからまた、切り替えていくつもりですから。
今しばし、学習させていただくつもりで、おもてなしを極められれば…と、思うのも確かです。


でも、それは現実の話。
夢は夢で、別にある。
要するに、欲張り。いい歳なのにw
努力は、少しずつでも。

さ、頑張ろう。無題2
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

希望

毎月、メロディーコールを変えます。
その月そのつきの、自分的テーマだったり、気分だったり、思いつきだったりw

で。
今月のテーマは「笑ってたいんだ」
先月の裏テーマが「何度でも」

往生際が悪いw
私、どんだけなんだろう…って、つい、今さっき思いました(笑)

ご存知の方、歌詞を思い出してみてくださいませ。

希望は、必要なモノだと思いますが。
どちらも不撓不屈の精神だわ(p_-)
どうにかならないのかしらw
この性格。

嫌いじゃないけど。
表現一つ誤ると、私、ちょっと、危ない人だわ。


Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

増えてく

今月29日で、新しいピアスホールが一カ月になるわけで。

昔あけたホールは、もう完全に閉じていて。
あの頃は大した意味なんてなく、してみたいからした…そんなのでした。

でも。
本当にもう、女性的な部分が欠落してるので、周りの女子にどうでもいい批判を受け、面倒になって外したら、いつの間にかもう、ふさがってた。

一か月が過ぎれば、ファーストピアスを外して替えれるのに、なぜだかw
やっぱり女性的部分の欠落?
片耳だけだから??
昔集めたピアス、全部人に譲っちゃったもんなw

着けたいって思うものがない。

「ピアスホールって、運命変わるんよ」

うん。
知ってる。そういう話。


好きな石は、ガーネット。
リングもガーネット。
ネックにもガーネット。

だから多分。
ファーストピアスの赤を外しても、赤いガーネットがここにくる。

あんまり増えたから、ネックは外そう。


ぁあ、携帯にもガーネットのストラップだ。


なんなんだろう。
自分でもよく解かんない。
こだわりって訳じゃなく、時に違うものにすればいいって思うのに。

自然に無意識に選んでしまうもの。


黒猫と赤い石。
白いシャツ。


好きだけど、止めたもの。
puma
だって、最近みんなpuma。
挙句に、pumaのイメージ、変わっちゃった。


私のイメージって、どうなんだろう…

Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

中秋

20110912185106.jpg
車の中から撮ったのでボケたのか…イヤイヤ…手ぶれでしょう??

でも。
このボケ感が何気に好きだったりします。

潮の満ち引きと心の変動って、なんだか連動してるように思います。
疲れのせいなのか、なんなのか、もうね。
年齢か?!?
なんも考えずに、独りでどこかに籠りたい気分になったりもしてて、ダメじゃん…と。

どうにも。
私の心友はエスパーかもしれないwww
博多土産を持って会いに行きたかったけれど…
忙しくしてると悪いし…
なんて、足を向けないまま時間だけがすぎてたのに。

「泳ぎいかん??」って、電話もらいまして。
二つ返事で行きました(笑)

20110912162822.jpg
楽しかった。
愚痴もなにも、こぼす気にもならなかった。
ただ、笑って、大汗流して。

でも、さすがにクラゲは沢山いて。
ウニョって足を撫でてく感じがもう、ビリっっとして、水中でジダンダ踏んでw
彼女は皮膚が弱いのに…弱いから柔らかくて美味しいの??
巻きつかれて…クラゲの形に腫れちゃいましてwww

で。
私は初めて学習させていただきました。
お酢を霧吹きでかけるんですって!!で、火傷しない程度ですよ…熱めのお湯で流すんですって!!

これで、一時は腫れが引いてました。
夜に彼女が送ってくれた写メでは、しっかりしたクラゲ型の赤みが皮膚に戻ってましたが…www

突然の、もうサーパンさえしまっていて、まさか!!のようなタイミングで、ギラギラの太陽を真向に受けながら、バレーボールなんだか、太陽なんだかよく判らないモノ目掛けて走るドンクサイ私。
ソレ見てスパルタ始める心友。

強化訓練か????
ボールに付いた砂が、容赦なく顔面に降り注ぎ、潮で張り付き、お天とさんに乾燥させられwwww

イタイ

笑って、笑って、しこたま笑って、痛くてw
隣で優しい、どこか心配してたかも?な、見守り的な柔らかい笑みを浮かべた彼女。

2232.jpg

これで、本当に。
この夏も終わり。


かと思いきやww
「10月までに、今度はダイブするよ♪」
「喜んで!!!」
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

フィールド

見つかったら怒られるかなぁ(笑)
そん時は…そん時かな(汗)20110910150802.jpg
でも…サムにしとこww

従弟、おめでとう!!
で、従弟の嫁になってくれたから、従妹!ありがとう。

挙式の後の披露宴も、この子らしさ満載の、とってもアットホームな感じの、シンミリしちゃダメ!!って感じの…温かいパーティーでした。
久々のシャンパン、美味しかったなぁ♪
でも、途中で気づいたw
地元帰ったら車動かさなきゃだったwww

三杯でストップ(笑)


この日、長男は私が挙式に入る時間に陸上記録会会場に入り、披露宴一切が終わり、式場を出るころ、大会会場を後にしてました。

式場内で、ごあいさつループにいた私。
長男たちの会場では、突然の豪雨があったらしく、留守をお願いしていた旧友が気を利かせてくれて、終了予定より早めに長男の元へ向ってくれ、おかげで長男も体を冷やし切ってしまわずにすみました。

そうやって、トラブルもあったのに、一切連絡もせず「心配せんで、祝っておいで~」って言ってくれるだけの旧友。
そして、そんな彼女にフルに気を許している長男。

従弟の結婚式でもあり、大好きな叔母・叔父の珍しくテンパってるとこを観たりもして、新婦のご両親様の温かさも相まって、どうしても私の中はばぁちゃんが溢れておりました。

20110910155851.jpg
人とのつながりに感謝を…
ばぁちゃんの、私たち孫への教えです。
これをおろそかにすると、ばぁちゃんは怒らずに哀しんでおりました。

押しつけではない、教え。
強要されたものじゃないから、叱られることなど一度としてなかったのに、その浸透ぶりは絶大。
とはいえ、私なんかよりこの従弟のほうがよっぽどしっかり身に付けているのですがwww

20110911001609.jpg
持ちかえったテーブルフラワーは、ニャんが一番喜んでおりました(笑)

翌日は、旧友の長女の体育祭。
20110911132042.jpg
早朝から一緒にお弁当作ってたら、長男の部活が開会式と同時刻、9時からよ~って連絡ありw

もう…
かぶるねぇ~~が、二連ちゃんw
でも、今日は母ちゃんがいるからね。



結局、移動→移動……
そんな土日となり、ドップリ疲れたおかげで、血圧下がりきってしまって、必要最低限をこなした後、昨夜は異例の22時就寝となりましたw

Posted by ダヤン   8 comments   0 trackback

もうっ!

別に、怒ってる訳じゃないけれど。
面倒くさいことが多いなって。
それだって、人のこといえやしないし、もしかして、優しさのすれ違い、食い違い、勘違いなのかもしれないから。

まぁ、いいや。

といった、ズボラな私も勿論いるわけで(笑)

台風近付く週末ですね。
明日は4カ月も前から招待状の届いていた、従兄弟の結婚式で、ちょっくら博多→春日へと行って参ります。
披露宴会場が博多なので、もしかすると、従兄弟の自宅のある春日へは行かず、帰還…ということにもなるだろうなぁ…

一日をフルに空けるために、なんだかドタバタしたので、ちょっともう、今日はいつもより早めに睡魔が訪れて、脳内もボヤボヤした感じです。

子どもたちも、運動会の練習だとか、新学期の目まぐるしい時間の流れで疲れてて、甘えモード全開。
母ちゃんは、母ちゃんだけれども。
父ちゃんにもなれるから。
残念だ。
君たち、気合をいれなおして、バシッとしたまえ!!
ということで。
今夜は早めにご就寝いただきました。

明日の準備もやっと終わったし。
これにて私も睡魔に呑まれることにします。

aoki 1
赤い実がなるのに、アオキですって❤
真っ赤なブルーになるのは、得意だったなぁ。
独りじゃ無理なことww
Posted by ダヤン   8 comments   0 trackback

武器

今日は25歳で女王になった、エリザベス1世の生誕日なのだとか。
でもって、12日の満月へ向う上弦の月のころ。

なんとなく。
毎回私の感じる事なぞ、なんとなくだけれど(笑)
集中力散漫。←これも毎回w
その癖、毎回と違うのは、感情が邪魔してこないとこ。

長月、9月。
一昨日の夜、兄弟のように付き合っているメンバーでちょっと、集まりました。
長女的ポジションの私は、去年もこの月の集まりで限界の糸が切れて、些細なことを切っ掛けにハラハラと涙をこぼしてしまいました(焦)

だから、今年は「泣くなよ」「泣かんし!!」で始まったのに。
いつものように近況報告というダメ出しだったり、励ましだったり、ただの弄りだったりの会話のなか。

いつもメンバーには我が家の三兄弟も可愛がってもらってて、だからこそ、ちょっと二男坊のことで報告。
兄貴役から「お前、強いな。頑張ってんな。いい母ちゃんやな。」って、真面目に言われ。
従兄弟最年長から「独りで踏ん張り過ぎ」と言われ。
弟役が「スンマセン」と、何故が謝りww

「なんでみんなでガラにもなくシンミリしてんの???」
いつも通り茶化してくれよぉ~~~~

で。

そこまではよかったのに。
従兄弟最年長帰宅後。←(うゎ!全部漢字だw)

なんだ なんだ なんだ な……
ハラハラハラハラ……30分くらい。
零れてしまいました。
「泣くなっつったろう!!」
ごめんしゃい(汗)
「泣け!!」


多分。あれだ。
この夏、無我夢中だったから。
で、長月だから。イロイロが色々で。思い出したり。ぶり返したり。気づいたり。不安だったり。

エセ兄弟。ありがとう。
君らは男として、負け組とか言われちゃう。
けれど。
この半端な私を、男扱いしながらかばってくれる。


泣きやむまで色んなバカして、笑わそうとしてくれてたけど、最終的には泣きながら溢す私の呟きに、ただ黙って頷いて付きあっててくれたね。

imagesCAGE0WMX.jpg

エリザベス1世は、信じることを自分の唯一の武器にしたそうです。
私も。
偉人などにはなれなくていいから。
一度や二度じゃなく、信じ抜くことを自分に決めたのだから。
それに従う者で在り続けたい。


その夜、誰かサンのような空には、満点の星屑。
一つの星が、スーっと流れていきました。

綺麗過ぎる、本当の話。
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

季節の変わり目

そ台風12号が過ぎ、過ごしやすい日中が続いてますね。
そろそろ、気温も残暑の方に戻るのだろうとは思うけれど、それでも朝夕の肌寒さは、やっぱりもう秋がくるんだなぁって、ホッとするような、物悲しいような心境にも似ています。

20110906080952.jpg

通勤途中の朝の道。
小高い山の頂上から。
子どもの頃もよく、この山に散策に登ってました。
男兄弟しかもたなかったからでしょうか?
今にして思えば、対女の子との競争より、「こんな男の子に負けたくない!!」の方が強かった子ども時代でした(笑)
兄貴のおさがりの、昔は小学生男子しか履かなかった半ズボンってヤツを履いて、やっぱり兄貴のおさがりのヨレヨレのTシャツを着て、山道を「探検!」なんて意気込んで登って、けもの道をクモの巣よけながら進んで…知識にない植物を観ては図鑑で調べて、気に入ってしまえば手折って持ちかえり…

おかげで随分植物好き。
図鑑もいらないくらいに、覚えちゃいました。
やってることの内容は…男の子にさえなりきれてないww
今も根本的には同じなのかもしれない。

女らしくもなく、男らしくもなりきれず。
友人は男女ともにかたよらないくらいに均等で。
見た目の性別だけが女で。
ややこしいことは自分が発端だったりもして。
面倒臭さも女レベルで。

半端なんだよw

だから、男女の恋愛が一番苦手分野です。
の、くせに。
すぐまた恋愛相談持ってこられる。

ついにとうとう…
会社の男の子にさえ「アニキ」と呼ばれ…
っていうか、違うから。一応、性別上は女子ですから。
いいんですけどね。

ジャンルなんて。
実際にはなんだっていいんです。
私であることに変わりはないですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。