Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

季節のご挨拶。

叔母夫婦から届いた、お中元と熨斗紙の貼られた贈り物。

「ぅわぁww」
一度として先手を打てた試しがない(惨敗)

その夜、叔母の携帯は知ってるのに。
送り状記載の自宅番号は、叔父の携帯へ転送だと知っているのに。
やっぱり、記載通りの連絡先へ架電。

電気工を家業として生業を立てている叔父。
自分だって介助されたいくらいに病弱になっちゃったくせに、その性分で乞われてヘルパーの仕事を交代制さえモンク溢さず努める叔母。

私の自慢の叔母夫婦。
ばぁちゃんを最後まで労わって、包み込んでくれた、決して頭の上がらない、尊敬しかできない叔母夫婦。

なんにも報告しない。
だって、絶対気にかけては風の便りを受け取っているから。
私の性分を、身内の誰よりも把握してくれてる叔母だから。
甘やかしもしないでいてくれる。

それでもしっかり、忠告とブレーキだけは。
さりげなく落としてくれる。


携帯越しに叔父の声。

「ダヤンがいい声してて、ちょっとホッとしたよ。」

ホントはもう、それだけだって想ってくれてる温もりは十分なのに。

「ダヤンの気持ちはいつもちゃんともらってるから、少しは自分中心になったっていいんよ。」
言いながら、笑ってる空気感。

逆にね、そうしてくれる安心感が、もう少し頑張れるんじゃないかって、今よりもうちょっと、踏ん張れるんじゃないかって、じゃなきゃ、この先、この叔母夫婦に訪れる節目に、向ける顔、なくなっちゃうじゃんって、思える。


大体!!だ。
叔母夫婦が、姪にお中元って、なんか、変じゃない???
そう言ってきたのに、もう何年も当たり前のように届けてくれるお中元とお歳暮。

それで私が贈ったら、今度は子供たちにって、お小遣いだったりプレゼントだったりを贈ってくるでしょう?
全く意味わかんないよw

けれど、そんなんが、敬愛して止まない叔父と叔母と、私の、季節のご挨拶。


そして、それが始まってから。
叔母の兄の娘である私を「ダヤン」って、呼びすててくれるようになった、人を大事にするあまり、自分を最後方にしてしまうお人よし過ぎの、おしゃべり下手の、愛情発信者・叔父。

いてくれるだけでいい。
スポンサーサイト
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

夏の時間。

体も心も、なんだかふやけてるかのような。
泣くことも、笑うことも、ボンヤリしているような。

所在つかめぬ虫の声が、一層に。

陽炎の中にさえ、浸透してしまいそうな。

夏の、そんな感覚が、私は、キライ。

F.jpg


子どもたちが夏休みに入って初日、長男坊たちが「海で泳いでくる」なんてw
どの子かの親さんがついててくれるのかも、定かじゃない。

「浜まで送ってくから。」
そういって、車で片道三分(笑)
行ってみれば…

中には親に内緒で来てるこも。
困ったなぁ…
初対面の子もいて。
二男坊・三男坊も水着にして連れてこようか…
なんて考えてたら、長男坊と保育所から一緒のjくん。
「保護者でいてくれる?」
「います!」


中学生7人に我が家の小学生2人。
遊んできました。

そしてつくづく。
子どもたちと外で遊ぶ夏の過ごし方が大好きだなって。

「土日なら、前日にでも言ってくれればどうとでもできるから、くれぐれも、自分たちだけでっていうのは止めてね。」


コワイです。
想定外の出来事に、子どもたちが巻き込まれることはもとより。
保護者無しの状況で起こる海難事故。

夏の思い出に、暗い影を落とすようなこと。

コワイです。

子どものうちに刻み込むような、心の影。


どんなに封じ込めても、わずかなピースに触れるだけで、コントロール効かなくなる。


ふて寝しちゃう
きっと私、この子たちが二十歳になるまで付いていくわw

で、そのころにはさ、私の方がお荷物になってたりするの(笑)
Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

本当にコワイモノ。

長男坊曰く「お母さん、ホラーとかサスペンスとか、好きよねw」

ぁあ、そういえば。
「そうかな?」
「うん。とにかく刑事ものとか好きやろ?法律絡みとかも。」
「そうかも。」
「恐くないん?」
「恐いもんをどう対処してくかって、釘づけになるかも。」


けど、実際にはあんまり印象に残らない。
それでも、そういった作品を作り上げる人の頭脳って、なんかもう凄いなとしか言いようがない。
シドニー・シェルダンとかw
アガサ・クリスティーとか随分と読んだのに、印象には残ってない。
なんとなく、数学の問題みたい。
解いてしまえば終わり…みたいな。

けど、本当に恐いものって、情緒的で日常的で、無意識に心の奥底が反応しちゃうようなこと。
きっと、そんなこと解りきってるから、科学者たちは解明しようと日夜励んでいるのかも?

とか、思う。

それで、ふっと思う。
本当にコワイモノって、具体的に挙げよといわれても、「コレ!」って感じには言えやしないって。
言えちゃうとすれば、それはコワイモノではなくて、嫌いなものなんじゃないかって。



このところ、悪夢(?)にうなされます。

コワイヒトって感じてしまう人が、二人ほどいて。
追い詰められていく感じの夢。
時に夢か現実か、定まらなくて、コワイとしか言いようがない。















温度や匂いって、生物にしか作用しない特別なもののように思います。
とっても安心できる温度と匂い、知ってるだけでも救いだわって、ここ最近のダヤン、奇妙。
Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

イライラのムシ。

イライラ虫発見?!1.jpg



Σギョギョッ

として、ムゥ~っとなって、ぁ…!とした感じ。

なんでこんなイラついてるんだろうって。
散漫なのね。
私自身が。

そう思ったら、なんか、悪かったなぁって。

危ないアブナイあぶない。

きっと、自分が落とし穴に堕ちるとしたら、それだって、誰のせいでもないわ。
自分自身のせいだわって、私は思う。


先週、我が家にピッチのお嫁さん候補がやってきました。
生後1ヶ月のピチピチ子猫です。
それまで小さなぬいぐるみの黒猫でじゃれてたピッチにとって、ソレはおもちゃなのか?なんなのか?

…いきなりペシッってwww


ピチピチ子猫の娘さん、前飼い主さんのお名前をいただいて「ゆめこ」と名付けました(笑)

ゆめこが我が家にやってきて、今日で4日目。
トイレも完璧。
食事のマナーも悪くない。

ただ…

家の中、迷子みたいになって彼女が鳴くと、ごろごろ甘えてたピッチがダッシュで救出に向かうという。

元がもともとやんちゃなピッチなので。

遊ばせてるつもりの子守も、ヒートアップすればゆめこ虐待www


そうしたら今度は、三男坊が救出にダッシュ。




イライラのムシにも、ドタバタムシにも、まぁ、それなりの訳があるってことで。
今日こそ、早めに寝るとします☆彡

Category :
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

今日も雨。

髪が、伸びました。
珍しいって、自分でも思うから。
いっそ、バッサリとまたショートに戻そうか…とか、思うだけ思って、結局この休日も髪型をどうこうするにはいたらず。

長男坊が中学生になったもんで、学校から注意されないようにって平日の部活上がりなんかにバタバタと、近くの理髪店に連れていくようになって、「ついでに私も」っていうのができなくなったからかも(笑)


やんなきゃなんないことはそれこそ、やんなるくらいあるわけで、だったらイッソ楽しみながらやりたいわ♪っていうのが私だから、はたから見ればそりゃ誤解もされるだろうって分かってる…つもり。

季節のせいなのか?
業績のせいなのか?
ともかく、なんだかこの頃は、職場の空気感がモヤついてて、余分なものを落としちゃえばいいのに…とか、何気にイライラしてくる。

仲間とお友達って、私にすれば異なるもの。
仕事においていうなら、必要なのはお友達よりも仲間だと、私は思う。
目的とか目標とか、ざっくりでもいいから、そういう肝心な部分を共有してないと、そりゃ不思議な仲たがいも出てくるかも…

つくづく。


面倒だわ…とも、思う。


先週は本当にもう、イライラ募って。
「会社にお友達作りに来てるのかしらん?」
なんて、冷たいことを想いながら眺めてたけど。

そんなこと。
私もくだらんわww

呑まれないよう、やんなきゃなんないことに集中してましょうね!!

amagoi.png



とかなんとか言っちゃってw
今夜、地域婦人会の支部長定例会だってのをすっかり忘れてww
電話もらって慌てて行ってきたくらいの私ですが(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。