Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

しるし。

こないだ年が明けたばかりだったはずなのに。
もう二月目が終わろうとしてて。
私は毎日がぎゅうぎゅうで。
やんなきゃなんないことと、時間に挟まれて、それでも、気は保ってる。

ついにとうとう、私の中の決断をしました。

もっと早くにこうしていればよかったのにって、思う気持ちも、口に出す人もいるけれど。
簡単に決めるべきことではないし、簡単に進められることでもない。

震えるほど怖かった。
今だってしっかり、言い表せない恐怖はある。
それでも、こうしてどうにかこうにかやってこれたのは、あなたとの出会いがあったから、自分を取り返すことができたからって、未だに胸がきゅぅっとなる。

あんなに心から信頼して求めたあなたにさえ明かせなかった核を、ただ「笑顔でいて欲しい」て、ただ膝寄せ合って話す目の前の温かな人に、自然に涙こぼしながら話した。
まっすぐに心を寄せるように聞いた後、あの子は私を叱りつけた。
胸が跳ねたんじゃないかって思うほど、ドキンとした。

あの子は私を叱りながら、自分は傷ついてた。

共依存の手前。
声に出すことの敵わない叫び。
重ねて膨張してく恐怖心。
心の中はずっと、一人だと思ってた。
そんなもんだって、思ってた。

だから、あなたの存在に救われた。

そして、あなたをも巻き込んで傷つけて、自分が立ち上がらなきゃって、涙とまった。

どうにか形成を保てるようになると、また、追い打ちをかけられる。
まるで両手足を少しずつ、もぎ取られてく感覚。
守っているのか、放置してるのか判らなくなる時間の中で、あの子と出会って。

あの子は子犬みたいに、いつも私を一人にしまいといるようになって。
何をどれだけハッキリと伝えても、私の呼吸のしやすい状況を自分勝手に探して、自分勝手に与えてく。
このままじゃまた、今度はこの子を傷つける。

そんな気持ちが、状況の限界と同時にやってきて、長い時間をかけたけど、決断できた。



そのくせ、私の苦しみの核が、そこから抜け出せなかった弱さが、私自身が、あの子を傷つけた。


なのに背を向ける瞬間、あの子は小さく「またね」って、柔らかに頬を緩めたんだ。
ねぇ、あなたが私にとってそうしてくれたように、私も。
あの子の呼吸のしやすいように、もうこのまま、「またね」を無かったことにしてもいいかな?

今夜はやたらと、「しるし」や「祈り」が頭の中で流れ出すよ。
ミスチルなんて、3年ぶり。
スポンサーサイト
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

1月。

旧正月まで終わってしまいましたねw

今日は次男坊の誕生日だったりします。

一月、人生初の接触事故を起こしてしまいwww
ローン抱えたばかりの車は顔面崩壊cry
幸いにも接触された相手方には無傷で(内心腑に落ちませんでしたが…)
保険を使うまでもなく自分の修理代で出費は片付くことに。

そんな衝撃から立ち直り始めたころには、仕事がスマートにいかなくなりw
苛立ちは募り始め…
齷齪、ヤキモキしてるさなかに祖父が救急車で運ばれテンヤワンヤ…
それでも祖父の居眠りを介護士さんが意識不明と勘違いしてのことと、落着。

とはいえ、そこまで老いがしんこうしている祖父のこと。
このまま現状維持では済まない懸念。

靄の中、どうにか仕事も一件落着。
とはいえ、その間足止めになっていた案件に進むには遅く…


気づけば二月を迎えてたダヤンです。

二月逃げ月。

久々の若干すっきりした土曜日。
気を入れなおして、遅れを埋めていこうと模索中。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。