Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

桜会。

週末、いつまでも治らない咳にうんざりしながら、ナカナカ体調戻らないもどかしさにウンザリしながら、膨らんだ蕾の開くのを楽しみにしたいのに、恨めしい天気予報の雨マークなんか外れちゃえばいいのに…そんな期待とは裏腹に早咲きの桜は見事予報通りの雨に散って、やっと会えた青空の桜は少し寂しかった。

さくらソングなんて特集組めちゃうくらい、サクラと名のつく春の歌は多くて。
自分の好きなさくらソングなんてのも沢山あるけど。
今年はゆずの桜会ばかり、何度も聴いてる。

父の植えた桜はもう満開で。
毎年楽しみにしてる筒城桜も、今日には七分咲きでした。
今のお散歩コースに桜の木は無いけど、通る道のあちこちにこんなに沢山の種類の桜が咲いてくれるなんて、去年は全く気付きもしなかった。


病み上がりって、体調戻ったつもりだったけど、心調整わなくて、なんだかなにもかもにウンザリし始めて、ネガティブになってるって自覚はできても、それでそんな自分の不安感や焦燥感を一掃できるような元気なんて湧くはずもないって、投げやり気分で、上手くいかないことも仕方ないって、やさぐれて。
そんな自分からもう、脱け出せなくなるんじゃないかって、気持ち悪かったです。

もっと気楽に楽しむように生きれたら、あるいは違う自分になれるのかな?
そんなことも、ボンヤリ考えたりもして。
やたら、イライラしてたみたい。

駐車中に張り付いた桜の花びらが可愛らしくて、あの桜の下でアナタと交わした会話さえ思い出して、あの日の夕陽の優しささえ温かく思い出して、素直に、アナタに逢いたいって想う気持ちを赦してあげた(笑)

自分で赦したり赦せなかったり、とことん自分尺度で、実のところ私自身が一番面倒な性分だとも思うよ。


ほんの二日間寝込んで、ほんの一週間不調で、そんなほんの少しなはずの時間に、どんどん季節は色を変えるんだもん。
置いてかないで…そうも思うでしょう?

せめて、アナタの背中を追いかけていたい。
知ることも視ることもない今、どんな風に追いかけるんだろね?
考えてばっかり。
感じることは記憶の中ばかり。
だからって、捨てることも失くすことも、消すことも…無にすることが出来ない。
こんなんでも育ってるから。

それで考えてしまう自然の中で、考えてしまうことに思い悩んで、観たくもない知りたくもない現実に、アナタにはアナタの望む幸せにいて欲しいのにって、私が哀しくなってる…。
なんか、人って不自由でしかないんだなって、悔しくなる。

もしも、あの日の約束をアナタが忘れてしまったとしても、私はバカみたいになるけど覚えて忘れはしないから、果たせなかったとしたら、変わらずアナタの望む幸せにいて欲しいって、きっとそのことに願いは重なっていくだけだから。
私のそんな唯一の願いくらい、叶うんだって言って欲しいよ。

なんてね、小学校下の駐車場、気づけばいつもアナタが駐車してたあの場所の桜の枝にぼやいてしまった今日でした。
スポンサーサイト
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

熱。

普通にしっかりと、季節の風邪をひきましたw
ちょっとずつ体からそんな知らせは届いてたけど、もう一日踏ん張ってって時に、久し振りに39度超えの高熱を丸一日と、咳止めさえ効果なくひたすら止まんない咳を丸二日ww


で、実はちょっとみぞおちが筋肉痛ですw


リンパ腫れたり、声が出なくなったりするよりはまぁマシでしょう…。



意識が遠のいてくような熱での眠りの中、沢山夢を見ました。
アナタのことも、仕事のことも、実家のことも、沢山。
それで、そうして思考も全く正常値にない状態に限って、いろんな人から電話が入る。
どれ一つ通話叶えず、挙句は電源おちましたけどw


熱が下がってフラフラで、しんどいとかじゃなくて、なんかやたらと胸一杯で。
ちょっと落ち着いて来た夜、今までずっと繰り返し思い出しては考えてきたことの一つひとつが、紐解けたように押し寄せてくる感じがして、なんだか心が和やかです。

彼岸生まれの自分の誕生日がね、ホントは昔から嫌いでした。
誕生日がお彼岸だから、それでいつもこの頃は色々と調子悪いんだって、なんか仏事のせいみたいに思ってみたりとかw
子ども時代の私の誕生日はケーキとかじゃなくて牡丹餅だったこととかww
小学も中学も、毎年その日は卒業式だとかw

なんか、そんな子どもの頃の妙な自分の姿も夢にみました。

この一年、あるいはそんな時期を見計らうようになってから、次々にいろんな出来事が押し寄せて、でもそんなんは全然、当然なんだよって、こんなもんなんだよって、自分に思ってきたけど、実際にはなんか張り詰めてたのかもしれないなって、少しばかり和やかな心地で思いました。
そうしたら、沢山たくさん、あの人にもこの人にもって、そっちで過ごした時間中の繋がりが溢れてね、ひとりでウォイウォイ泣けたんだw

病み上がりで泣くのなんて、鼻炎が酷くなるから嫌なのに、後からあとから溢れて止まんなくて、四年前の誕生日を思い出してた。

それで今日、お彼岸参りも兼ねて、子どもたち連れてそっちに行ってきました。

最後にお寺さんへ。
自分でもどうしてだか全く解からないんだけれど、御本尊様に手を合わせてたらポロポロポロポロ零れ出して。

ぁあ、私もホントは甘えたかったりもたれたかったりしたんだなって、なんとなく思いました。
今月最後の休日は、祖父の49日法要です。
まだまだ、なんでもが途中の私。
けど、きっと大丈夫。
余分なモノは熱と一緒に放出したし、自分の中に沢山の人のたくさんのありがとうが詰まってるから、大丈夫。




33の誕生日、大好きな子どもたちに想いを籠めるためだけに作ったアルバムは、今、逆に私を勇気づけてくれてます。

Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

「いつも ありがとう」

運転免許の更新通知が届いた37回目の誕生日。
「お誕生日おめでとう」のメッセージに共通して「いつもありがとう」の文字。
そんなことにジーンときたりして…。




「幸せになりますようにって意味を籠めた黄色の花だからね」



「37本のアスターは今のダヤンさんだからね」



ちょっと、病み上がりで。
泣きたくなんてないんだ…
丸二日、咳が止まんなくてw
丸一日、高熱で意識ぶっ飛んで寝込んでw
そんな病み上がりでさ、ホントはちゃんと今抱えてる分の仕事を片付けて、それでちゃんと…とか思ってたのに。
不調なの気づけてもダメだねww

寝込んじゃう時は不意に来るw

食べきれないほどのケーキとか、ジブリグッズとか、ストール…。
その一つひとつに付けられたメッセージ。
こちらこそ、こっちのがよっぽど、いつもありがとう。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

敵と味方。

何が何だか…ただ、哀しくなるような。

先月、祖父の他界を機に叔母が投げ捨てた「味方」って単語が、引っかかったまま。
実家だけじゃなくて、自分の身内とかだけじゃなくて。

長く変わらず可愛がってくれるおばぁちゃん「兄弟って、一回こじれたらなかなか元には戻れない。」なんだか独り言のように溢してたけど。

友人とその義理の妹も私には友人みたいなもんで。その義理の妹の夫はもともと私の友人で。
それで、そんな、なんか、敵味方紛争とか。

どこもかしこも「敵」とか「味方」とか。


哀しくなるよ。


そして、そこに産まれたばかりの小さな命。
やだな。
「誰にも言わないで…」
そう彼女はこんな状態になった経緯を話してくれた。
知ってる、そういう不安感と焦燥感。
私とは闘い方が違うけど、それでもそれがその人の選んだ向き合い方なら、私は何にも言えない。
それだったら、向う先を信じて手伝ってくことしか、私には出来ない。

そう思うだけで。
それが結果、その家族の礎って、そのための準備期間って、信じるしかないって、そう、思ったんだもん。
そんなんで敵とか味方とかの紛争対象にされても困る。
感じる気持ちの種類は同じでも、そのポイントは人それぞれだし。
それでまた、その一つひとつの表現だって人それぞれなんだから。

そういう敵とか味方とかの発想は、私には解からない。
モヤモヤする。
ゲームじゃないもん。
スポーツじゃないもん。

どう足掻いたって、人は一人じゃ生きてけない。
独りぼっちのような気がしても、絶対、独りなんかじゃない。
今日一日を生きただけで、どれほどの人と繋がってただろう?
その中で一番とか、優劣とか決める必要もなくて。
みんな、繋がって初めて、存在するような、だから、逆に、存在するってことは、繋がってるってことで。
上とか下とか、そんな100点満点な人生なんて、優劣の問題じゃないよ。


自分が!自分が!って、何もかもはダメだと思うんだ。
それじゃ自ら一人を選んでるようなもんで。
そういうんじゃなくて。
難しいけど。
私だってそんな器用じゃないけど。
だけど、こんなんじゃ、呼吸が苦しくなる。
自分だってそんなふうに感情任せの暴言なのに、相手ばかりが愚かだと罵るのは、結局、自分の愚かさに気づけないのに似てる気がする。

哀しくなる。


友人を、嫌いになりそうで、哀しくなる。
Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

シアワセ。

年度末、二月逃げ月に見事時は過ぎ、三月去り月に突入。
きっと、アナタも忙しくしてるでしょう。
そんないつものぼんやりを春めいた青空にしたためました…半べそでw

「しんどいよぉ~~~~~~……」
なんて、ちょっと叫んじゃう?そんな気分になりかけると、なんか不思議に「どうしよう??」って、誰かがやってくる。
妙な星周りね…なんてこと、思うけど。

引っ越して1年が過ぎました。
去年の今頃は切なくて、哀しくて、申し訳なくて、やっぱ同じように半べそで空を見上げては、内海の水面に見入ってた。

「なんでも一人で抱え込むな。」
アナタが度々私へくれた言葉。
ごめんね、私、「頑固」だからなかなかね。
それでも、随分愚痴なんか器用に溢せるようになってきてるw


この一年、子どもたちもそれぞれに何かを乗り越えたようで。
それで、三人ともが「ホンットにお母さんの事信頼してますよね、大好きなんですね~」って。
担任の先生方が口をそろえてくれる。



内心、シスコンの弟とマザコンの三人の息子…どうすんの?!とかも思うけどw


こんな幸せも、いいじゃないって、ありがとうって、胸いっぱいになるよ。
だから、尚更。
私の信じるアナタを信じて、それで、誰にでも感じて欲しくない私の一々の想いは出さなくて、だからしんどいって解かってるけど、けどね、あの日から育ち始めた心の真ん中の真っ赤な花が、「大丈夫だよ」って、「俺がついてるから、心配いらない」ってね、支えてくれるから。

ぁあ、これがホントの拠り所ってことなんだろうなって、自己満足してる。



「ねぇ、本気の好きってなに?」
ドラマ観てた長男。
「その人を逃げ場にしないで、その人の心の在り方を信じること。」
「ぉお~!!」

即答できるって、いいね(笑)
本当はそんなもん、言葉で表現しつくせないのが正解なんだと思うけどw

大事な人を逃げ場になんかしちゃいけない。
逃げ場にするのは、利用するのに似てるから。
欲張りなのに、似てるから。
そうしたら、きっと、大事なモノから失くすから。

相変わらず、デコボコだけど。
それでも、自分なりの幸せは感じてます。
アナタに、そうであって欲しいから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。