Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

voice.

お疲れさま。
子どもたちと四人、釘付けで観てました。

途中、アナタがあの子の名を呼ぶ声が聴こえたような気がした、一瞬。

きっと、今まで私が感じたことのないくらいのプレッシャーなんじゃないかって、そんなくらいに夢中になって、届くわけないのについ声も出る(笑)

一夜明けて、凄いな……って。
一気に、すごく遠いとこにいるような気がして。
一瞬より少し長い間、複雑に寂しさを感じたのも確かで。
子どもが育つって、こういうことなんだって、分かってるよ、我が子でもないのにって言われそうなことくらい解かってる。
解かってるけど、正直にそう感じたのは私の事実。

だって、そう。
頑張ってるからあそこにいたんだもん。
頑張り続けてるから、走り続けてるんだもん。

毎年この頃になると、奇遇にあの子と、有り得ないくらいの低確率にも関わらず会うんだよね。
いつも先に気付くのはあの子で、妙に隠れながら動くから気づいて、こっちも隠れる真似ごとしながら名前を呼んだら「見つかった~」って笑うんだ。

長男坊がまだ小学三年生の頃。
お小遣いなんか持たせてなかったら、みんなが駄菓子を買いに走って、ただそれについてった長男坊に気づいたあの子、「これ使っていいよ」って、長男坊に100円くれたんだって。
帰ってきた長男坊が「お母さん、ありがとうって言ってね、助けてくれたん。」って。

それで、勿論あの子にはありがとうって言えたんだけど、まさか小学校でその100円を渡すのも違うよねって、けど、長男坊のいう「助け」は本当に助けで、そうしてくれたあの子の目線やさり気ない温かさに私自身も助けてもらったみたいで。

PTAの場、会が終わって、せめてその100円なら受け取って笑ってもらえるかと、アナタの背中を呼びとめました。

結局、「あの子のしたことは、あの子に別のカタチでもいいから直接返してあげて。」と。
まぁ、はい。
さすがになんか、手の中の100円がちょっと恥ずかしかったけれど(笑)
けれど、ぁあ、この人は私の伝えたかったことを受け取ってくれたんだって、不思議とあの時そう思いました。

そんな子どもたちがまだ幼さ漂ってた頃のこと、あの時、この時、まばらに思い出して。
いつかの卒業式みたい。
我が子でもないのに、涙が後からあとから湧いてきて。
胸がいっぱいで。

                             fc2_2014-08-01_21-07-29-669.jpg

つくづくアナタにそっくりなあの子だからこそ、このなんだかすごく遠くに行ってしまうような感じが、殊更に寂しい気にさせるのかもしれないって思いました。
それでも、この先も私は願うよ。
アナタやあの子の頑張る心が、望むカタチで充たされますように。

そう言える私で在り続けますように。


スポンサーサイト
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

晴れ時々雨。

アナタに、笑顔で逢えてよかった。
本当に、ホントに、良かった。

もう次の課題?うん、多分そんなとこ。
モヤモヤとかじゃない、ハッキリとした理不尽な想いの問題が湧いてきて。
それでも、あの子が高校生活最後の大会を目標に着々と成果を観せてくれてる中、その目標に手を伸ばした今、ずっと応援してるって言った私が頑張れないで、それで応援とかって絶対応援じゃないから、そんなの傍観だから、違うからって、そんなので乗り切ってるよ。

笑顔で頑張って、笑顔であいたい。

いつもそうありたい。

そう願うのは私だけれど、そう願わせてくれるアナタたちがいてくれることが大きい。


あんなに問題児のように言われた次男坊が、小学五年生になってのこの二学期後半。
「次の六年生の柱だからね!」と、先生方に沢山愛されてグングン成長してます。
そんな姿を見ながら、私は胸がいっぱいになって「お母さん、間違ってなかったよ。大正解!うちに来てくれてありがとう。」と、校長先生にもらった言葉が胸に溢れて涙をこぼしてしまうことが度々あります。

「自分らしさを大事にな」と、突如アナタがくれたあの初秋のただ一言の夜更けのメールも。
どんなにブレそうになる私を支えてくれてるだろうと、温かくなります。

一々を振り返る度、やっぱりどうしても、アナタとの出会いがなかったら、私はこうして私でいることはなかったと思う。
それは客観的な幸せとは離れたとこにあるものかもしれない。
それで余分な問題も湧いたりするんだろうってことくらいは、分かってるつもり。
少しずつそらすことも上手くなってると思うよ、多分。

雪の降る、風吹く冷たい夜に、アナタの疲れ顔と甘えたような仕草がひたすらに愛おしくて、変わらずアナタの顔を読める私が自分でくすぐったくて、そんな自分の心に背かないことなら、なんだって頑張れるって思えたんだ。

drop.jpg

一週間、指折り数えて、いよいよだね。
行けない私の想いを連れてって下さい。

沢山の感動をくれるのは、その感動は、そこに沢山の愛情が育ってるからなんだろうなと、最近思いました。
もし、この心震える感動が互いに育みあって湧くものであるならば、通い合ってることは確かだよといえるね。
そんなふうに、ふと、思いました。

頑張ることは分かってる。
だから「頑張れ」なんて応援はしたくない。
頑張る心が、充たされますようにと祈ります。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

「あなたに」

ついに師走。
つい先日まで穏やかな小春日和が続いて、日中は汗ばむことさえあったのに。
師走に入った途端に、冬めいた空と海。

3年使い続けたスマホもついにガタがきて、急遽機種変に至った日曜日。

渋々な心持で行ったショップで、偶然出会った知人と「どれにする?」の話。
「今まで白ばっかり選んでたから、今度は自分に有り得ないけど可愛いピンクにする♪」
いつも「お母さん」と愛称で呼ぶその人が、おどけた様子でそう言うから。
同機種の白と比べて何気に湧いてくる違和感を「変わらず白でいて欲しい」とおどけて言ったら「ダヤンはずっと同じ色を選ぶタイプやもんねw」と。

ところがどっこいwwww
そうしたいのは山々なのに、仕様がふんだんに変わってしまってて、同メーカーのはもう、今までの仕様感が微塵もなくて。
それがやたら哀しくて。
私には馴染みのないメーカーの仕様が気に入ったもんだから「これにしよう」と手にすると、お母さんは「はい♪」と嬉々めいて赤を持ってきたwww
けどけど、またまた残念で。
「その赤は私の想う赤じゃない(哀)」

結局お母さんはピンクの携帯と実質0円のタブレットをご購入。
私は白のエクスペリアで。

自分の通常モードに設定してると、LINEが…。
『迷子になってるよ!!』
と、よくよく見ればグループは全くなくなってて、気づいた友達が再招待。
『どうしよっと??』
『なんがあったと??』
わ、か、ら、な、い…。

自分の友達リストに入ってても『新しい友達で来たよ』とか『知り合いかも?できたよ?』って。
大事な人から確認…。
ホームで見れない…。
キーーーーンって、なんか、心が凍っちゃうんじゃないかって、妙に哀しかった。
そうこうしてる間に夜も更けて、とてもじゃないけど『確かめて』なんてお願いもできなくて。

一晩、気分は堕ちて、腹痛と吐き気で訳のわからん具合の悪さに寝付けず…。


ようやく寝付いた明け方、あの人の夢をみた。
あの人は、いつも夢の中、必ず同じ言葉を毎度、私に告げる。
「俺がついてるから大丈夫。」
私がそう願って、いつかあの人がそう言ってくれた言葉を胸に抱くから、それでそういう夢をみるんだろうとは、思うよ。
けど、今度のあの人はそう言って、私の手を取って一緒に行こうと歩きだしたんだ。

私は、あの人のいろんなところ、私が知る限りを信頼できるし、大好きで愛おしいと想ってしまうけど、自分が痛む時、どうしてか、あの人の背中が一番ホッとする。
それで、そんなあの人の背中の温もりを思い出してはポッと痛む胸が温かくなる不思議な効果を知ってる。
夢の中、繋いだあの人の左手と私の右手。
穏やかな面持ちのあの人が前を向くと、半歩ずれてる私の視界には、私にとって世界一温かい背中。

夢なのに、覚めても虚しくなんかならない、あの人の不思議効果。

MONGOL800の♪あなたに♪が朝からずっと、脳内再生。

一段落ついて開いたLINEのページ。
気づいた変化。
ただそれだけのことに、泣きそうになるくらい。
けれどどうとかの説明なんかは出来ない気持ち。
なんか、嬉しくて。
ホントは、そんな些細なことかもしれないようなことが、すごく、嬉しくて。

♪スコール♪脳内再生。
なんだか、モンパチ日和……。
Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。