Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

流れ。

つい最近、どこかで耳にした言葉。
「水はどんな形にもどんな大きさにも順応できる。水になれ。」
誰かの言葉だったかもしれないし、テレビからの音声だったかもしれないし…。
記憶は定かではないけれど。

自分に向けれられた言葉のような気がした。

この一ヶ月、後輩に同期に、今の自分に出来ること、この先の彼女たちの支えになるものを渡しながら。
汚れてまでしなくていいって、言いきってしまう私は狡いのかもしれない…とも、思いながら。
遠慮なく自分の意見を差し出す私を煙たがる上司も当然、先輩たちも当然出てきたけれど。
何故だかちっとも、ひるまなかった。

ホントの私はきっと、ヘトヘトで。
多分、ボロボロ。

同期で悪友で戦友の彼女も、ドロドロでボロボロだ。

「ダヤン、汚れの私ばって、あんたがしてくれよることは大事にするけん!!」
最終日までのカウントが少なくなってきて、彼女は半べそでそう言ってくれた。
古くからの友人と行き違って、仲違いして。
挙句に思わぬ事故から全治1年のケガ。
傷病休暇2カ月。
その間の彼女の落とせない仕事は全て、無償で請け負うことを厭わなかったのは、多分、痛む心が同じだと思ったからで。
確かに「ヨゴレ」と批判される彼女の行為は正当ではなかったけれど、誰しも事実に出来ないだけで、心に湧く妄想では同じことをしかねないって、私は素直に思ったし。
彼女が受ける不当な批判を見てるうちに、もう、そんなことは止めようって、自分自身にもそんな節があるんじゃないかって考えるきっかけにもなってたんだ。

沢山の材料が、この決断の素材になって、多分、間違いとかではないって、安心要素なんて一つもないけど、この決断そのものへの躊躇いや後悔は大きくない。

「ダヤンさん、会社辞めても相談にはのってくださいよ!連絡しますね!」
「辞められるのはイヤだけど、ダヤンらしくていいんじゃないかとも思う。」
「あんたがいなくなったら、一体誰を頼りにすればいい??」
「会社というより、あんたに任せたとよ」

お客さんたちにもらう言葉の全部が、温かくて、痛くて。
ちゃんと実ってたんだと、実感もする。

水のようになりたいと思う。
どんな形にも、どんな場所にも、恙なく等しくありたいと思う。
これっぽっちの私ですと、胸をはって笑ってたいと思う。

そうやって、本当に強い確かなモノを実らせたいと思う。

月内、後四日。
まだ、残ってることがある。
スポンサーサイト
Category :
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

Anxitey.

泣き虫解禁。
イヤになる。
ついぞうっかり、嫌なことを数え上げてしまった。

どうにもこうにも、なんともかんとも。
不安のドツボにはまり込んでしまった。

墓穴。
ボ、ケ、ツ。

不覚にもまた、泣いてしまった。

しんどい!!
とか、言うの、やめよう。

逆に。
大丈夫!
これはそもそも、前に進めるってことなんだ。
きっとそう。

「ダヤンさんがそんなになるってことは、ちゃんとそこに想いがあるってこと。逆に安心した。」
そう言って笑う心の友は、唯一私が心裸にいれる存在だから。
彼女の言葉はストレートに私に沁みてくる。

そう。
これしきのことで私が切ないと、静かに涙流すだなんて。
私自身、言われて初めて気づくくらい。

ある種のシミだ。
浸透するものの脅威。
苦手。

こういうのは、本気で苦手。
白紙撤回したくなる。

単純に、不安。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

夏の終わり。

それは本当に、なんだか突然の様変わり。

タイミングとかいう、それかもしれない。
強めの北風が「秋だよ」って吹きぬけてく。

海の色も、空の色も、雲の形も変わりゆく。

変わらないものなんて、何一つとしてない。
それは、認めるよ。
良く変われば成長で。
そんな風に、認めるよ。

閉じてく。

そんな中の、自分の不意打ち。

まさかの、爆発と涙。
久し振りの、自分のための、涙。

一番驚いたのは、私自身で。

驚いてる間に、夏は終わった…なんか、そんな感じ。
9月。
ウカウカしてらんない、ボヤボヤしてらんない、そんなことは百も承知。

夏は終わり。
な~~~~んにも追いつけなくなってしまったけれど。
それならそれ。
自分のペース、もう一度。

何度でも、やってみればいい。

私は、私なんだから。
Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。