Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

梅雨入り。

私にはなにがあるんだろう?
そんなことをまた、考え始めてしまってる。
生きてくのにも不器用で、自己表現もままならなくて、それでもうすぐ私も40代の仲間に入ろうとしてるなんて、一体全体どういうことだろうって、考えてそれで、こんな、迷子みたいに敗北感に苛まれてる。

そして、それを誰も知らない。

ぎこちなく笑って、ぎこちなく応答して、こんなんで、前進とかできるはずないって、本当は私、解かってる。
泣かせて、欲しいのかもしれない、私。

頑張って、前を向こうって。
強くなろうって、強くなきゃ、優しさも解からないで空虚に苛まれるから。
だから、私、強くなろうって、笑って、耐えて、呑み込んで、大きくはなったけど、大きくなった分、匙加減も計れなくなってる。
そうして気づいたら、泣くことを、忘れてた。
ひとりでなくことも、出来なくなってた。

スポンサーサイト
Posted by ダヤン   2 comments   0 trackback

不調。

知らず知らず…なのか…違う。
本当は、気づきかけた時もあった。
ただ、目まぐるしく過ぎる中に、立ち止まる行為をしなかった私の落ち度。

自分の色が解からなくなってしまった。

いつでもon状態でいて、裏腹にoff状態でいるような。
そんな感覚で。
ついに、自分の色が?カタチが?自己表現が…解からなくなってしまって。
まるで迷子のよう。
ちょっとそんなんで立ち止まってしまったら、調子悪いって、自覚してしまった。
苦手な分野に挑むなんてこと、やっぱり困難なの?

心の奥はいつだってヒトリなはず。
その一人の中に、誰かがいてくれれば、本当には強くなれるって、そんなイメージはあくまでもイメージなだけ?
守りたいものがあれば、人は我慢もできるし、守ることに徹してこそ闘うことも出来るはず。
そういうのが上手くいかない時って、もしかして、本当は闘うことを知らないからなのかもしれないって、この歳になって考えて。
例えば、人を特別に一人大切に想って、どんなことも事実の奥の真実を信じるような深さで、それで表面化の事実を赦し続けて、受け入れ続けて、自分のキャパに合わなくならない訳もない。
そんなことも、今更のこの年齢で考える。

ふと思った。
どうしてちゃんと傷つくくらいの恋愛を大切にしてこなかったんだろうって。
こんなこと、それこそ今更、誰にも言えない。
近頃、本当に感じてるのは、底知れない敗北感。
負けるが勝ちなんて、なんだかんだ強がってきたようなこれまで。

昨夜、久々の同級生四人で顔を合わせて、来る夏の同窓会の打ち合わせなんて。
中学時代の同級生…とっても仲良かったとかじゃないのに、不思議と節々で蔭ながら支えてくれた気ごころ知れた彼らは、本当に何年振り?で集まったのに、なんでこんなに自然にいれるんだろうって思う。
お互いに毒なのかって言うくらい痛烈な言葉を投げ合うのに、それでも優しさがそこにあって。
ぁあ、いつの間にこんなに大人になったんだろって。
有難くもなる。

ちょっと、この不調の原因が判った気がした。

空廻るほどに、頑なに、張り過ぎた。

反省しよう。

時間はあるはず。

ちゃんと、私が呼吸をしよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。