Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   1 trackback

拠り所。

じいちゃんが、要介護4くらいにまでバージョンアップしてしまいました。
それで、丁度一年前に約束してた従弟が、お嫁ちゃんと一緒に会いに来てくれました。
そんな、日曜日。
じいちゃんは、ちゃんとしゃべれない。
動くこともままならない。

けど、心感じて、涙を流すことは大いにできた。

そんなじいちゃんを挟んで、従弟と昔話。
「ダヤンに泣かされた~」
「ってかさ、いとこみんなで遊ぶと、大抵、私か義のどちらかが泣くはめになってたよねw」
「そうなんですか?」
「そうそう!」
「「上が悪い!!」」

一日中、山に海に走り回って、真っ黒に日焼けして、お盆を挟んだ一週間ほどの間に、まるでトトロの世界にでも行ってきましたみたいな、そんな夏の時間を過ごして、その後に溜りにたまった夏休みの宿題でも泣かされてたね。

そんな思い出話、聞き取れるとこだけでもう、じいちゃんは泣いていた。



「この梅の木が拠り所だったんだね…」

フッと、耳に飛び込んできたのは、従弟たちを見送って帰宅した後、長男坊が録画してた番組を流してるときだった。

別に、じいちゃんとも義とも、お嫁ちゃんとも関係なく、グッとこみあげてきて。
私の目からも、涙が溢れた。

アナタに、届けって願いながら、ここに刻んでおきたいと思った。


アナタがそう言ってくれたあの時からなのか、いつの頃からかはもう、解らない。

アナタの積み上げて、築いてきたものが、全国で認められて、いたるところにアナタも写っていて。
その表情を見て、功績を思って、どんなにか嬉しさが込み上げるだろう?
その瞬間のことを想うと、泣いてしまうよ(笑)

もっと、きっと、日の当たる場所で、きっと、もっと、沢山の人に温かな幸せを感じさせてあげることのできる人。
そう今も、アナタを信じているよ。
だから、嬉しいんだ。
アナタにしか出来ない表現が、そこにあったから、私はいまだにこんなんだけど、それでも、今も、アナタの光が拠り所。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/218-b0715b39
まとめ【拠り所。】
じいちゃんが、要介護4くらいにまでバージョンアップしてしまいました。それで、丁度一年前に約束してた従
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。