FC2ブログ
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

Love Letter.

引越し準備、多分、その合間でとっさに閉まっていたんでしょうね。

後回しにしていた自分の小箱を、およそ半年ぶりに開きました。

捨てるに捨てれないもらった手紙とか、届けそこなった手紙とか、大事な想いの品を入れている小箱。
その中から、単純に折られた紙を見つけ、なんだったろう?と開きました。

泣き暮らした秋の日の終盤。
私自身が出さないを前提に、伝えるに伝えられなかったアナタへの気持ちを素直すぎるほどに書き綴っているものでした。

今と全く変わらない私の素直な想い。

その都度に焼却してたはずなのに、どうしてこの二枚はしまっておいたんだろうって、不思議で。
そのくせ、今の私をも温かな気持ちにしました。



単純に、素直に、ただ、そばにいたい。
理屈も屁理屈も、細かな説明も追いつかないくらい、アナタのそばにいたい。

いつでも、どこだって、なんだって、アナタなら。

好きだよって伝えられるだけで、心が軽くなる。
温かくなる。
柔らかになる。
和やかになる。

それでいて、よく解からない涙がこぼれ出す。

全然、変わらない。

アナタのいない私の心なら、もう、それは私の心じゃないよ。
今も変わらず、私の心の真ん中にアナタは在るから。
だから時々でいい。
素直なだけの私でいさせて下さい。

アナタが望んでくれる範囲内で。



大好きだよ。
スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/272-1c490a9d