FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

色。

朝晩の気温は着実に冬で。
日中の陽だまりが、ほんわり秋の温もりを残してる。

ムキになったりもしながら、情に絆されるのが100%正解な訳ないことくらい解かってるから。
愚痴るだけ愚痴ったら、もう、切り替えないと。

週末、ちょっと久々のアレルギーが出始めて、調子狂うな…なんて。

あんまり深く考えない。

けど、とりこぼしたりなんて、しないで。

そんなことを自分に呟きながら。

来週の日曜にいよいよの新人戦を控えた長男。
当然、部活に熱をいれてるわけで。
「明日はオールコートでやりたいけんって、先生があそこの体育館借りてるん。だけん、送ってね。」


いつもの逆方向、いつもより、少しだけ早い時間に。
いつもは通らない外周の海沿いを。
そして、山中の近道を(笑)

そんな朝の時間に、沢山の色を見ました。

秋色の深まった木々の中。
コムラサキシキブの小さく丸い紫が、幼いころから大好きだった…そんな懐かしい心地の色。
色づく木々とは裏腹に、深く輝く緑の葉にまるでクリスマスカラーを知っているかのように、輝く紅い実を光らせるアマテラス。
紅葉の頃は過ぎてるって、知らしめるかのように色を落とし始めたイチョウの木。
民家の木戸先に彩どり咲き誇るサザンカ。

抜ける青空。

朝日に煌めく海面に、白いはずの波さえも銀色に。

完全に冬になりきる前の、沢山の色が、なんとなく、毎回、人の心の模様のようだと。



ぁあでもない、こうでもない……。
こうかな?そうかな?

凸凹で、不安定で、自信なんてなくて、挙句にどんくさくて。


カシミヤに着けるような真紅、そんな色の人だと思った。
温かくて、深くて、簡単にはいかなくて、そのくせ、なんだって包み込んでしまうような、そんな色。
それで、原色なんて苦手だった私が、今、ふと気づいてる。

赤も、黄色も、黒も、青も、緑も。
ずっと好きだった白を好きなまま、どの色も好きになれたってこと。

それで、随分呼吸のしやすい状態になってきてるってこと。



アレルギー出始めた週末、同時に、携帯もタップが利かなくなりましたww
丁度、仕事で大事な電話がある予定の日で、朝から随分ショックでしたw

データのバックアップも、去年の秋にしたままのものしか残ってなくて(泣)
どうにかして拾えないかって、半日もがいたけど…ダメでした。

それでもう、そういうもんだって、きっとそれでいいんだって、訳の解からない納得をし始めた頃。
待っていたその、大事な電話の人から着信。
母世代の方で。
10年愛どころか、20年愛を現実に叶えた人で。
初めて二人、向き合ってお話聴かせていただいたとき、思いがけず胸一杯で二人してティッシュ握って泣きました。

全ての人に理解されなくてもいい。
信じ抜いて、それでその信じるって言うことに関しての深みというか、価値観が、似通っていて。
それで、どこかしらそういった部分を切り口に、リンクしたんでしょうね。
業務上なんて建前抜きに、その人から見れば全然ひよっこなはずの私なのに、パートナーとして迎え入れていただきました。
私自身も、この人に育ててもらいたいと。

大丈夫。
こんな風。
私は、相変わらず私です。



昨日、道沿いの野菜畑に繫ったアスパラの中に、赤くて丸い実を見つけました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/295-15b6f1b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。