FC2ブログ
Posted by ダヤン   4 comments   0 trackback

後悔。

先日、仏教会主催の会場で手塚治虫のブッタ2を、三年前の同主催ブッタに続いて子どもたちと観に行って。
会場に入って、立ち並ぶあのお寺、そのお寺…ご住職さま方へご挨拶交わしながら、三男が「お母さん、和尚さんのお友達いっぱいね~」ってw
お友達とか、おこがましいww
履歴上、経歴上、お世話になってきただけですよwww

もうすぐ、祖父の49日法要のために先延ばしにしていた父の一周忌がくる。
まだ、本当は誰にも自分の口からなんて、父の死因を語りたくなんてない。
人工呼吸器に繋がれた、意識のない父の姿の前で、あの日、上の叔母が強く言った。
「子どもらにどんな傷を負わせたか、苦しみながら考えなさい!!」


30年前、父が師と仰いで兄弟のように日々を過ごしたおじさんが、手形の不渡りを掴まされた果てに消えた。
夜の道を走る車の中で、幼い私は父のお弟子さんの膝の上、腕の中、その暗闇がおじさんを連れ去ったんだと、きっと帰ってこれるはずだと、頭上から零れる涙の人に言い続けた。
残酷な子どもだった。


おじさんの遺影の前で、私を膝に乗せ、「おやじぃ~、おやじぃ~、なんでない!!」叫んでは歯ぎしりならす父の悔しさを、全身で感じてた。

「自殺っていうのはね、一番罪深いことなんだよ。」

本当は、教えてくれるひとに問いたい。
「誰も巻き込まずに護りたかった人の選択でも、赦されることはないの?」


祖父が他界した時。
こんなにも違うんだと、痛感してしまった。

だから、問いたいくせに、本当はもう、感覚で解かってるんだ。
全うするものと、中断するものの大きな違いを。
だから、報われる術を、自分にできる術を、張り詰めて独りで模索してる。
だから、こんなに頑なになりはじめてる。
だから、こんなんじゃダメなんだ。

そう思ったらね、やっと、父さんのいない今を素直に、哀しいと思うんだ。

余計なことが多すぎて、欲張るといろんなことは見えにくくなるから。
叶いすぎると、人はそれを当然のように錯覚して、知らず知らず、欲張りになるから。
だから、欲なんてないほうがいい、欲なんて、持たない方が穏やかでいられるって、思いすぎて。
希望さえ、欲扱いし始めていたかもしれないよ。

それは、違うよね。
希望はダメだ。
希望だけは、どんな状況下でも捨てちゃいけないものなんだから。
そう願って、息子たちに「希」の文字を刻んだのにね。

スポンサーサイト



Category :

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.05 09:17 | | # [edit]
ダヤン says... "Re: マコさん☆彡"
いつもお付き合い、ありがとうございます。
深いとかなんとかww
なんでしょうか、私自身、どうして自分がこうなのかなんてこと、自覚とかも踏まえて、まだまだ全然解かってなくて、ただ、自分の心に素直にありたいだけです。

それでその自分さえフルで理解しきれてない部分をここにツラツラ標しに来る、そんなような私です。

それでもこうしてお付き合い下さってる方がいる。

何かしらの縁の成すところだと思います。
ありがとうございます。

2014.06.07 00:16 | URL | #- [edit]
やしま says... "そっかな?→「一番罪深いこと」"
『許容しない社会こそ、罪深い』と、僕は思いますよ。
2014.06.08 15:50 | URL | #- [edit]
ダヤン says... "やしまサン☆彡"
ありがとうございます☆彡
と、いうよりは、「ありがとう」です。

許容、柔らかな魔法ですよ。
赦すは人の誉れなり。
なんだって、一度きりのことじゃないって、クルクルと言葉尻で連想は広がります。
2014.06.09 23:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/319-3c4b1d6c