FC2ブログ
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

桔梗。

じいちゃんもばあちゃんも元気だったころ、隠居の庭先に不思議に膨らんだ蕾の並ぶ桔梗があった。
今年の夏は、あまりに短くて。
残暑なんて日中だけで。
もう、すっかり秋めいた夕空とか、海とか風とか…。

長男坊、中学最後の体育祭も終わり。
まさか人生初のお姫様抱っこを息子にしてもらうなんて、思いもよらなくて(笑)
自分たちよりはるかに大きくなった息子に「気味が悪いw」なんていうママ友とはちょっと違って、「ヨシヨシ↑」なんて思ってる私は、長男坊への子育て期間終了が近づいてることをボンヤリながらに実感しました。

バタバタの三連休。
イベントづくしに時をかけて、実家へ行けば母の顔…w
いつもの母の顔ではなくて、母なんだけれど、父がいてw
数秒間、フリーズしたのは私。
穏やかな時の父の顔が、少しふっくらした母の顔に被ってた。

もうすぐお彼岸だからかなぁ…と、思うことにして。
弟にだけは、そのことを伝えて、どこかしら心配した弟だったけど、仕事からの帰宅後line。
「お父さん、おった!!」
と(笑)本当にこんな不思議なビックリがあるなんて、驚いてはいるけれど。
気持ちはどこかホッとしてる。

それで、桔梗の藍色が浮かんだ。

いつだったか「ダヤン姉ちゃんは赤より藍色のイメージ」と、社会人になったばかりの友人の甥っ子にいわれたけれど。
近頃色々と変化の多い私が、自然にこの色を選び始めたのも感覚で納得してたり。

短い夏の間には、本当に散々なこともあって、何もかもにウンザリし始めた瞬間があったのも確か。
それでも、その間中に上からでも横からでも、下からでもなく、自分だって一生懸命なのに支えようとしてくれた人がいてくれたのも確か。

事の結末、関係者に言えたこと。
「私自身、親だけで育ってきた訳じゃないから。それぞれが親だけで育ってるんじゃないから。まずは自分自身を大切に生きることが最優先。」
解かってもらえなくてもいい。
私自身が、そんな今やこれからを忘れずにいたい。


スポンサーサイト



Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/333-9021d0a7