FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

秋。

時節外れの台風19号。
散々な被害に比べれば、ここの被害は大したことないんだよね。
誰もケガさえしてない。
家屋の破損で友人の大工さんはここいら地元をずっと走りまわってるけどw

「ダヤン、ありがとう。」
唐突に言われ、なんのことだかさっぱり分からず、きょとんとしてw
「なんもしてないよ?」
「ダヤンが来てから昔の調子で元気づけてくれるから、なんか最近ポジティブだ♪」と笑う。
「単に君を縦にしてるだけだw実にポジティブだ」
と、大笑いした。

けれど、本当に。
越してきて一年半。
地元行事と学校行事に参加するカタチでしか、関わりはないのに、それでも回を増すごとに昔の先輩・後輩・同級生が、昔以上に手を寄せ合う。
それで、バッタリ出会えば「こないだはお疲れ~、ありがとうね~」と笑顔をくれる。

ふと、同級生で集まるでもなく集まった場で、いい歳なのに中学の頃の空気になる。
そんな時、一人ひとりが破天荒なヤンチャばっかしてたのを思い出して、それでもいい奴なんだってかばい合ってたのとかも思い出して、シミジミ、みんなやっぱ、いいお父さんになったって、なんか嬉しくなる。

「なんかあったらいつでも言えよ、俺らでそれぞれ出来る分ずつどーにかするけん。」
まぁ頼もしいとか思っても、さすが旧知の仲ですw
「ゆーても自力でどうにかすっとがダヤンやけどね(笑)」
そうそう…それで、まぁいつも姉さん役だったさwww

冷たい風、日中でもひんやりな空気。
桜の葉が赤く染まり始めた。
すすきの穂が、ふわふわと開き始めた。
紅葉しない木々が、その緑を深くしてる。

海も、空も、秋色。

ほんの少し、どうにでもなれって思ってたのかもしれない。
もしかして…なんて思わざるを得ないような人の誘いを、何度も断った。
それでも伝わんなくて、どんどんイライラが募って、なのに真逆で誘いは増えて、色々スランプだからって言ったら、どうしてか「俺が相談のります!!」って楽しそうに言われて、ドン引きして。

「願わくば、しばらくそっとしておいて下さい。」

関わらずに通れる人なら、スルーしてでもよかっただろうけど。
そういう訳にもいかないし、きっとこの人は一時のガムシャラなんだって、じゃなきゃ、こんなに極端な温度差が出るはずがない、だったら、この人も少し落ち着かないと、もう、私もウンザリしてしまう。

なんか、いっぱいのイライラを抑えて冗談めかしてそう言ったら、一言の返事もないままフェイドアウトされたww




心丸ごと許せない間柄の人に、相談なんて、助けてなんて、言う訳ないじゃない。

スランプって言ってるのに、なんでハイテンション??

それで、好きですとか、何をですか?って、もう少し続いてたら私きっと、全力の質問攻めが止まらなくなってた。



「自分が弱音を吐いたら、ダヤンちゃんが自分に頼れなくなるやろ?」


どうしてあの人は、そう言ったんだろう…。
誰よりも努力家で、誰よりも気配り上手で、誰よりも、縁の下の力持ちを本当に蔭ながらこなせる人。
あの時、単純に感動したけど。

今、また、痛いくらい。


それでも、自分に思う。
そんなあの人が、確かに私に浸透してる事実。
これでいい。
これが、いい。

あの人が、あの人の望むカタチでありますように。
それだから、私も、私の望むカタチに。

秋らしい心色のようです。
スポンサーサイト
Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/338-a086aef6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。