FC2ブログ
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

胸一杯。

どうしよう……そんな思考は大の得意で。
けど、そんな得意な不安定を自分に禁止して、仕事と劇と、同じ期日で仕上げようって、自分に決めて。
その間中、私のネガティブを排除し続けてくれたのは、周りのみんなの存在とか、あの子の相次いだ区間賞とか、我が家の子どもたちとか、時雨越しのあの人の存在…。

劇の段取りが動き出してからの正味二週間、子どもたちの発表会での親の参加がために子どもたちに杜撰になるのは絶対違うよって、じゃ、どうする?って、なんかひたすら時間を気にして過してた。
長男、中学校の文化祭にはじいちゃんの新十夜が重なって、一日仕事を休みにしても、それでも結局、中学校と実家とお寺を行き来して、それでも夕方にはマッハで夕飯を子どもたちと済ませてからの劇の準備。

                          

そんな中で、本当に目標通り、今日の学習発表会と仕事の完成が同日になれると目途がついた昨夕は、まだ終わった訳じゃないのに、アノヒトこの人の温かな仕草や言葉や文字を振り返って、帰り道の車中、ただ有難くて胸一杯になりました。

そして、今日。
劇の仲間も「もし、時間が押したら構わずに行け!」と、朝から互いの緊張をほぐしたり、打ち合わせをしたりしながらも私の仕事時間を気にしてもらって、どうにか自分の出番は行けそうだと着替えを済ませたら「大丈夫!!一緒にやり遂げるけん、舞台降りたら、お前は構わず仕事に走れ!」と、今回誰よりもハードワークだった先輩に言われ、そんなのが嬉しくて有難くて、また泣きそうで。

実質5分程度のお芝居から舞台を降りたら、裾にスタンバってたみんなに「大丈夫か?間に合うか?なんも構うな!気をつけて早く行け!!」って……。

なんだろう…。

仕事の事、状況、なんにも話してないのに。
そんなにまで、みんながみんなで、後押ししてくれて。
おかげで時間も間に合って、みんなにそうしてもらえたように、予想以上に時間に潤滑な走りだったから、段取りを若干入れ替えて、予定より一時間も早く完了できた。

最後の事務処理、ホントに最後のエンターキーを押す時、つくづく思った。
本当に私は幸せ者なんだと。
笑って頑張って、笑ってやり遂げようって自分に誓ったことを、自分だけじゃない、みんなのおかげで達成できた。
そしてそれを、今日の私の仕事のために出張で来てくれたパートナーに話すと「それはダヤンさんの日常の人との関わり方が成せることなんだよ。」と。
とんでもない。
日常も周りのおかげ。
「そういう心のある付き合いをする人だけが成せることだから、私もダヤンさんのことは応援したいって思うもん」と言われ、ひたすらに「ありがとうございます。」
しか言えない私になりました。

帰宅して、平常通りのペースで家事をしながら子どもたちと話してたら、子どもたちも疲れてたはずなのに、「眠たいねぇ」なんて言い合いながらも、日付の変わるついさっきまでおしゃべりは続きました。

明日は今日のPTAメンバーでの打ち上げ。
いつの間にやら幹部に引きづりこまれた私はまた、買い出しからの準備で、子どもたちも明日までごめんね状態ですが、「仕方ないなぁwww」と笑うのは、そんな母が好きだからと、中3長男が素顔でサラリと支えてくれているから。
そしてそんな私でいれるのは、こんな心に育んでくれている人、「自分の心のままにやってごらん」と叶えることを許してくれた人のおかげです。
スポンサーサイト



Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/344-58f43261