FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

You're a flame in my heart.

先に行って待ってるなんて言ってくれた人が、今日でついに42歳ですね。
なんて言ったらきっとまた、頭にコツンってアナタの手が降ってくるんだろうな…(笑)
2014年があんまりにバタバタと幕を閉じて、2015年も落ち着きなんてないまま、ウッカリしないだけまだいい方だなんて思いながら、今月の最終目標を昨日の試験に決めていて、それで、合否の自己採点で結果をもってやっぱり笑顔でいれる心地で、アナタの誕生日を迎えたかったのは、私です。
                                                 


                                                          
                                                       
今月、振り返っただけでも本当に沢山。
新春マラソンの翌週は小学生のバレー大会。
アナタはあの子の駅伝、応援に。
録画していた中継、なんかもう、あの子だけじゃなくて、勝手に馴染みになった高校生メンバーみんなに、その走りや表情に胸一杯になってしまって、駅伝で終始ナミダが零れたのは正真正銘、初めてでした。

「お父さん、広島行ったよ~」と、笑顔で声をかけてきてくれた妹君。
唐突にその言葉が降ってきて、一瞬、どう対応すればいいものかとアタフタして一人でまたおかしくなった私に沢山話してくる彼女、そのくるくる変わる表情が「お父さんそっくりになったね」
ニコニコしながら「えぇ~」なんて(笑)
嬉しそうなのに。
「可愛いよ」って言ったら「ちょっと待って!」って。
「っていうことは、お父さんも可愛いってことよ?」って、なんかまた嬉しそうに(笑)
「そうね、うん。可愛いって言葉はちょっと違うかもしれんけど、うん、そう、お父さんも可愛い(笑)」
二人で笑いました。

子どもたちに負けるマケル。
子どもにだけ「頑張れ」とかいう大人でありたくない。
じゃなきゃ、子どもたちが本当に苦難の時、本当に大人の助けが必要な時「助けて」って、手を伸ばせずにいてしまう気がするから。
だから、その成長力を止めない頑張りに、負けちゃいけない。

そう、思うようになりました。

気づけばきっとこれも、アナタが示してくれたこと。
「俺が弱音を吐いたら、自分が俺に頼れんくなるやろ?」
いつかアナタが私に言ってくれた言葉が、何故だか子どもたちの前で思考する時に浮かびます。
きっと、そんなアナタだからこんなにも周りを育てるんだろうね。
言葉の前に、アナタからそんな深みが滲んでるんだろうね。
ただ、それを、私は光のように感じるんだろうと思うよ。

そしてそれは、アナタ自身が築いてきたアナタの深み。

今日も私はアナタが大好きです。
きっと、明日もアナタが愛おしいです。
だからやっぱり、今年もお誕生日ありがとう…です。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/352-d9619256
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。