FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

impression.

昨日、長男坊の中学校卒業式でした。
そして今日、高校受験の合格発表と、私の38の誕生日。
明日は、早々に入学説明会です。

本当に、時間が足りないくらい。
整理しきれないくらい沢山の人との沢山の出来事や、贈りもの。

去年、叔母に初孫が生まれた時「ダヤンは心を籠めるのが上手。ダヤンは人の心を包むのが上手よ。それはダヤンの才能よ~」なんて、私のしたささやかなお祝いにそう言ってくれたけど。

長男坊が中学生活3年間、絶対的に私の知らない、私に感じさせまいとしたものもあったはずで。
私がそうなように、この子もまた、親だけで育ってるはずなんてないから。
まして、この子自身が持って備えたものもあるはずだから。

卒業の節目にこの子のしたい感謝のカタチ、この子がするべき感謝のカタチを一緒に考えながら支度をしてきたはずだったけど。
カタチにできない人への節目の感謝ってなんだろうね…とか。
考える時もくるのかな…なんて思って。
小学卒業の時にそうしたように、今度も。
この子のいない時間を縫って、この子へ宛てての手紙を書きました。

明日の説明会が終わるまで、一区切りの節をそこに設定している私には、自身の誕生日の予定なんてホントに眼中になかったのだけれど、それでも食べても冷蔵庫に納まりきれなくて冷凍庫にまでいれるしかないほどのケーキとか、私には勿体ないよっていいたくなるようなプレゼントを「長男君で忙しいやろうけん、もうごめん、渡すだけ!じゃあね!!」と…。

ありがとうを伝えるのが精一杯で、なんか杜撰で、ちょっとここで自分の誕生日分は整理しておこうと思った今日でした。

そう。
そのありがとうの電話を一つ、弟たちの店の駐車場でシートに座ってしてた時。
アナタは車道を過ぎていきましたね。
なんかちょっと、はい。
妄想入りそうでしたよ(笑)

どんな?は、内緒。



私の誕生日に毎年花束をくれる後輩ちゃん。
彼女が今年選んでくれたのはこのチューリップ。
「TOUHOKU」という品種です。
オランダから被災地東北へ友情を籠めて寄贈された品種です。
オランダカラーのオレンジをもつ蕾が、開くにつれて日本カラーのさくら色に変わっていく。
東北地域の復興を願って毎年贈られるようになった品種の。

本当は誕生花を花束にしたかったんだって。
けど、ねぇ(笑)
私の誕生花はアスパラですから。
他にもあるけど、樹木花ばかりで、どうにも困難ですごく考えた結果、花言葉の誠実な愛と照れ屋の二面性をもつこの花、そしてなによりこの花のいわれに強く惹かれて決めてくれたそうです。

その想いをこめようとしてくれる時間とか、決めるまでの経緯とか、「ダヤンさんに似てきたろ?」と嬉しそうに言ってくれる彼女に、似てきたというよりも、全然私なんかよりうんと想い籠めの上級者じゃないかと本気で思いますけど。

そんな彼女の長女と、アナタの長女。
明日は小学校の卒業式ですね。

小学校、入学して6年通えば卒業。
それは当然のこと。
中学校、3年間通えば卒業。
それも至極当然のこと。

でも、そうかな?って思う。
その当然を当然に過ぎることの叶わなかった存在もあるわけで。
だから、感動すること、感謝することこそ、当然のことなんだって、屁理屈屋の私は思う。

だから、当たり前の日々を、当たり前に喜怒哀楽重ねて育って、その都度生み出される感動を子どもに関わる者として味合わせてくれる子どもたちに、おめでとうとありがとう。

よし!
明日も頑張るね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/362-919875f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。