FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

想い。

                                               

2・3カ月の間に、凝縮された沢山のことがおこり続けると、対応するために要点だけを拾うのが精一杯になる。
そんな自分に気付いたことは、悪いことじゃない。
それでも、そんな要点さえも、若干取りこぼし気味で…。
本気でまだまだだと、自分に腹が立つこともしばしば…。

仕方ない…頑張ろう、私(笑)

無駄に凹まなくなってきただけは、自分に認めてあげようと思ったこの頃です。

4月、長男坊が高校生になって、次男坊が六年生になって、三男坊は五年生。
あくせくしてるのは自分だけじゃなくて、当人たちはもっと沢山の新しいことにあくせく必死で、それでも頑張ってる兄弟の姿にホッコリしながら、ありがたい気持ちにもなりながら、じゃあ私はどうあるべきだろう?とかをその都度にやってると、自ずと、兄妹がいう「お母さんは違う」のニュアンスが解かってきた。

高校入学のクラス編成で、特進クラスを断固として拒ませた私は、本当には長男坊の出鼻をくじかせたんじゃないかと後悔しかけていたけど、五月中旬に廻らなさと疲れでイライラを募らせていた長男坊の姿と中間考査の結果を照らした時、「頑張り過ぎる」と彼に予想したことが間違いではなかったと少しホッとして。

勇んで特進クラスを希望した友人が既に諦めモードに入ってしまったと話す彼自身に「言うこと聞いといて良かった」と言ってもらえたとき、心底ホッとしました。

担任が最悪だと、クラスみんなでボヤキ嘆いている次男坊たちは早々に、修学旅行を発端に親子vs担任みたいな空気感になってしまって、私自身も、次男坊の心の砕けた様を目の当たりにした時、担任の言葉や態度に憎さにも似た嫌悪を抱いてしまったのは事実で。
そこを信頼おける校長先生にすっぽり包まれ治したことで落ち着いた次男坊にホッとして、嫌悪を抑えるには至ったのだけれど。
決して油断はしちゃいけないって、拭えない不信感を抱いたまま。

つくづく、子どもを「悪者」に仕立てるのは大人なんだと噛みしめたような心地です。

けれど、そんな大人も。
子どもだったころに何かしらの大人からの影響を受けてるはずで。
誰のことも「悪者」に仕立てる必要なんてない。
もっと上手く表現できる私でありたい。
もっと上手く、理解できる私で、ありたい。
それが「大人」の姿だと思う最近。

躓きたくはないけれど、躓くことそのものは、多分、悪いことじゃない。
自分の心にある「大切」を、自分自身が「大切」にできなきゃ、価値が無い。



そんな風に、過しているよ。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/367-b44f59a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。