FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

整理整頓。

春からずっと、立て続けに。
よくもまぁ、ホント。

そんな感じでちょっと、久し振りの貴重な平日休みに立ち止まったような心境整理。

長男、夏の三者面談前に文理選択の説明会。
なんでかな…泣きそうになる。

もうすぐ、ホントにもうすぐ、自力で歩く人生に入るんだって、ジワリ実感が湧いてくる。
同時に、涙が湧いてくる。

すごいなって、解かりきってることなのに。
本当にその時がもう、すぐ。
過ぎてきた時間分の半分もない。

大人に、なるんだね。

寂しいとかとは違う、なんというか、感動。

「子どもって、自分のものじゃないんだ。この子の人生の子ども時代を預かってるんだ。」
どういう訳か、長男坊を産んだ時、フッとそう思った。
それからもうすぐで16年。
次男坊も三男坊も、三人の人間の子ども時代を預かってしまってる。
とんでもないものを預かってるんだなって、シミジミしてしまうから。

心が、震える。


立て続けにうんざりなことがあれば、人間関係も変わってくる。
それは多分、自然の事。
そんな中で、言い争うようなことは相変わらず好ましくなくて。
相手が年下ならまだしも、同じ歳とか、それに近いくらいとか…。
言われるまでもなく、相手に答え求めるとかじゃなく、少しくらい、自分で考えてくれよって、正直に、素直に思った。
人の答えまで、私が求める必要なんてない気がする。
私自身の心の答え、そんなのを模索してるような中で、投げやりに乱暴に「どうして?」「なんで?」って、瞬間即発投げつけられると、「知らない。」って一気にその人への情が閉じて行く感覚。

そんなで、一体、どうしたいの?って、逆に訊きたくなるけど。
もう、そんなんもいいやって、思ってしまう。
それよりもっと、やんなきゃいけないことが私にはあるから。

ホントはそういうの、同じように貴女にもあるでしょう?とか、思うけど。
余計なお世話。
自分で頑張ってって、思って。
気づいた。
頑張ってるってアピールする彼女に、本当には甘ったれだって姿を、いつのこと感じとってきてしまってたんだって。
仲たがいとかじゃなく、もう、協調することが減ってしまってたんだって。

だったら、尚更。
道が違うのは当然でしょう。
私は、私。
貴女は貴女。
ただ、そんだけのことじゃないかと思う今日この頃。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/369-93cc4a3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。