FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

あのね、団長さん…。

偶然と偶然…単純にそんな経緯だと思っていたけれど。
振り返ると、瞬間の感覚に確かに感じたものがあって、その結果が私の中では知るともなしに予測出来てたことだったりもして、不思議なんだけれど、やっぱり、アナタの子だなぁ…と、思う。

それは、今の私には苦手な重々しい水曜日のことでした。
一本の電話は長男坊の通う高校から。
滅多にない押印漏れの知らせで、奇遇にも近場にいた私は「これから寄らせていただきます。」と告げ、向いました。
いつもの校庭のいつものスペースに駐車しようと進んで、ありゃこりゃ無理だ…の訳は、雨上がりで使えないグランドの代わりに広がって、声をそろえ腿を挙げ、トレーニング中の野球部員たち…。

校門前の空きスペースに駐車したのはいいのだけれど、正直、近づくのをためらって、それでもそこを通過しないと辿りつけない事務室…。

イメージで動線引いて、何気に恥ずかしい心地で、一気に走りきろうと思ったのに。
玄関前から正視する一人の存在に、顔を向けたら。
2年ぶりのあの子でした。
「ぁ」小さく声をもらして私の顔がほころんでしまった瞬間、いつものあの子のそのまんまの仕草。
フッと目をそらすから。
可笑しいくらい、困ったことに、私の胸がキュンとしてしまいました(笑)

事務室での事を済ませ、またそこを通るのかwww
おばちゃんは恥ずかしいww

ガン見してしまわないように、通行人なのだからなんて自分に言い聞かせるバカな私の心境を、一体誰が読めるだろうw
それでも。
「こんにちは!!」の声の主たちに頭を下げるのが必死なのでした(笑)

あの一瞬のあの子の眼差し。

あのね、団長さん。
アナタがずっと団長でいると綴った手紙を編集した時から、私は及ばずながら、ずっと団員でいると数えきれないあの子のさり気ない無言の優しさに誓ったのです。

いよいよ甲子園予選開幕となる前日、いつも野球部の情報をくれる先輩と話した事。
対戦校はシード校だけれど、行けるよ。
「せめて一勝して欲しい」という先輩に、「ダメ!!せめて2勝だから!」そう、言って先輩を黙らせてしまいました…。

スコア中継に釘付けになって、試合開始から三時間余り。
最終回の攻撃でスコアに0が入ってからの裏。
展開の早かった8回とは一変して、終わらない、進まないスコア。
「お願い!お願い!…」そんな願いで、見えないマウンド想像して、お腹痛くなるくらい、不安で、そのくせ、出発前日に会ったあの子の表情と姿を思うと「大丈夫!」って。

最終回のスコアが埋まる前に届いた先輩からのLINE「勝った」の三文字。

嬉しすぎて、踊りだしたい衝動(笑)
ヒトリ泣き(笑)

あのね、団長さん。
中学に入って、あの子の同級生の親さんたちに、あの子の嫌な話をされた時もあったんだ。
でもね、団長さん、私の知ってるあの子は、アナタにそっくりで、そうじゃないとこも勿論あるのだけれど、そこらへんの大人より断然、強くて静かな優しさを持ってるんだ。
そんなあの子に、私も長男坊も、どれほど支えられてきただろうって、思う時がいまだにあるよ。
だからね、団長さん。
そんなあの子を知ってるつもりの私は、夏の昼下がり、一緒に駆け回った、まだ幼さ残したままのあの子のあの頃の笑顔がこの先も絶えないようにと、ずっと願っているよ。

自分はちょっともう、ヘトヘトになってるんだけれど…(笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/372-e4ed1314
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。