FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

折返し。

2015年も残すところ1日。
この12月、20年振りの再会続きだった。
クリスマス前くらいから急展開、なかなか縁のなかった職種に思いもよらないところから紹介をいただいて、0からのつもりで一歩踏み出したのをきっかけにバタバタとあらゆることの折り返し。

取り戻せるなんて、虫のいい話、ある訳ないって解かってて。
それでも妥協しかけてた面を「そうじゃない」って、断ち切るには絶妙なタイミングだったと今思う。
10年ひと昔とするなら、もうふた昔も前の事。
それでも、二人で話せば昨日のことのように次々に思い出されて、その当時埋まらなかったピースさえ埋まってく。

「どうして捨てた?」の言葉はこの20年、本当に彼が理解納得出来ずにきたことで、そう問われることも、20年前の友人たちのその後の話から想定できてた。
ちゃんと話しあって、それで二人で決めたことだったけど、微塵も、嫌悪するとこなく別れたのは事実で。
再スタートなんてこと、ないけど。
お互いに、これで何だかホントに、踏み出せるねって、笑ったのは、もしかして、また、理屈っぽい私に歩み寄ってくれた彼の優しさだっただろうか…なんて、少しだけ思う。

年末休みに入って、昔馴染みの先輩が帰省した。
「ただいま」のLINEはあまりに唐突で、「ホントにそこに帰ってきた?」と問うのは自然といえば自然でしょう?
帰省してくれたら、徒歩5分のご近所さん。
せっかく帰ってきたのに、この休みは私や子どもらに付き合ってくれるらしい。

「初詣とかもう何年もしてないけん、一緒におみくじでも引くかねぇ~。」
子どもらに話せば「二人で行けば?」

そこ、気を遣うとこではないですが?

終わりよければ…そんな年だったような気がしてる。
この1年、どうしてこんなにも強行したんだろう?とも、思う。
思うけど、勿論、この先に対しての何の安心材料もないけど、それでも、昔のことも含めて「もっと自信持っていい!」って、どの世代の友人たちにも言ってもらえる私は、幸せ者なんだと、やっぱり思う。
だからこそ、あの人との出会いをキッカケに自分を取り戻し始めた私は、私の納得できる私で在り続けたいと思う。


強いて言えば、恋愛事だけはどうにも不向きで不得意で、センサーが作動しない。
その部分の幸せは、もしかしたら、無縁なのかもしれない…。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/383-26a9ac1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。