FC2ブログ
Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

守ってあげたい。

平常月より短い、それでも例年より一日多い二月が明日で閉じる。
濃縮されたような二月だった。
二月逃げ月……あっという間に過ぎるのに、あっという間とは思えないくらい濃縮された一ヶ月。
どうということもないのに、いつの間にか、彼の私を呼ぶ声が耳に、心に沁み付いた。
昔の夢を見てさえも「ダヤン!」って、当時のままの「ダヤンちゃん」ではなくて。

それは今の私の相棒のような友人とも被る。

挙句に彼女と彼は言うこと成すことまで、随時似てる。

再会のキッカケになったのも、彼女の引っ越しで。
彼と地元が同じ彼女は、私たちの昔のことなんて知りもしなかったし、相当に驚いていたけど。
それでも二言目には「あいつだけは寄り戻してもお前が泣くだけ!」ばかりだった。
そういうことではなくて。
私は、ただ遡って向き合ってみたかったんだと思う。
彼はそれを同情だと言い捨てたけど。
そういうことでもなくて。

ただ、過去の果たされなかった約束の空虚を、私自身のためにも埋めたかった。
結局、お互いのそんな作業はお互いに「理解しあえる相手」という認識を持たせて、自然と、「必要な存在」になりはじめてしまって。
20年前「少し時間を置こう」と切り出した私の横で、涙目で笑った彼の表情そのままに「ダヤン、一緒に頑張ろう。」と切り出した彼に、嘘も惨めも滲んでなんかなかった。

それでも、私たちの関係性はオカンと息子のようでもあり、相棒のようでもあり、姉弟のようでもあり……。
決して、私を自分より下におかない扱いはやっぱり、彼の言うところの「変わった」を否定する要因でもあって。
私にはそれさえも懐かしいほどに愛おしく感じさせる。
何もかもを手放して、かろうじて利用目的で残したものは心に苦しみを与え続けて「自業自得」とぼやかせる。
汚しながら傷つき続ける彼を、そんなことを償いかのように錯覚して自棄になってる彼を、私は上からなんかじゃなく、昔彼が私にしてくれたように、前後左右から、包み込むイメージで、彼の奥の方で汲々としてる彼自身を守りたいと思う。
唯一、それだけは仲間内見渡しても、私にしかできない気がしてる。

「こんな俺で申し訳ない」と、くだらないことを言われる度、「じゃあどうする?」と苛めて遊ぶ私もいるけど。
「どんなカタチでも、もうすれ違うようなことはないし、離れることもないよ。」と言い切った彼が歩いていけるように、私があの人にそうしてもらったように、私自身の生き様で守ってあげたい。

素直に、無理なく、今、私はそう思う。
スポンサーサイト
Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/386-876a5467
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。