Posted by ダヤン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ダヤン   0 comments   0 trackback

おまえうまそうだな

2011.5.29という今日。

今日の日付は私にとっての記念日。
今年の今日は、のんびりとマッタリと、心調律に過ごしています。

昨夜は子供たちと、県PTA推奨の映画を観てきました。
原作は絵本。
昨年二男が学校の図書室から借りてきて、読み聞かせながらガン泣きした作品。

映画の前に原作を知ってしまうと、中には原作から読み取った自分なりのポイントがモミクチャにされていたりするものもあり、映画は映画、原作は原作…別物と処理したい派の私としては、今回の映画にそれほどの興味はわかず…

それでもやはり今回も、二男立っての希望に三男の希望も加わり、長男までも「観たい」と…

君らがそんなに言うのなら、母も視てみようかな(^_^;)

といった経緯で行ってきた訳です(p_-)



案の定、原作シリーズ三本を総集して構成された感じのストーリー。
でも、作者の宮西さんが投げかけたかった作品本来の意図は、しっかりとスクリーンに織り込まれていたように思います。

深く考えようとすれば、それは究極“共存愛”にまで発展できる課題のようにも思います。


大人にはやっぱり原作シリーズをお勧めしたい私です。
親でなくとも、子供でなくとも、人から生まれた人であれば、胸に訴えられてくる何かしらに自分の中に潜んでいる“本物”が反応してくれると思いますよ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://dayan0529.blog.fc2.com/tb.php/9-e02a48c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。